【料理の幅が広がる!】ブレンダーのベスト3!人気機種や選び方まとめ

離乳食を作るとき、何かと苦労するのが食材の裏ごしやみじん切りです。包丁やすり鉢を使って作ると時間も手間もかかりますよね。でも、ブレンダーを使えばあっという間になめらかなペーストや細かいみじん切りができます。

ブレンダーの魅力と選び方のポイント、おすすめの機種を紹介しましょう。

スポンサーリンク

ブレンダーは便利!料理にマルチに使える

ブレンダーを使う一番のメリットは、料理の幅が広がることです。

食材をすりつぶしたり、みじん切りにしたりする場合も手間がかからず、スイッチひとつで簡単です。みじん切りにした食材や、ペースト状にした食材は、離乳食を作るのにも欠かせません。

包丁やすり鉢を使って食材を刻む・すりつぶすのもよいですが、忙しいときには時間がかかって困りますよね。そんな時もブレンダーを使えばあっという間に離乳食の下ごしらえができます。

ブレンダーはお菓子作りにも大活躍。一番大変な、混ぜる・泡立てる作業も、ブレンダーがあればラクにできるので、ぜひこの機会にブレンダー購入を検討してみましょう。

【参考】https://the360.life/U1301.doit?id=6103

楽に使えるおすすめブレンダーは?

ブレンダーには、据え置きタイプとハンドタイプがあります。

据え置きタイプは一般的に「ミキサー」と呼ばれているものです。パワフルで氷などもラクに砕けるものから、コンパクトで1人前のスムージー作りにぴったりのものまでたくさんあります。ただし音が大きかったり、準備やお手入れが大変だったりというデメリットも……。

離乳食づくりなどで頻繁にブレンダーを使うのであれば、手軽に扱えるハンドタイプがおすすめです。

【参考】https://sakidori.co/article/64403#index_3

安くて便利なハンドブレンダーがおすすめ

ブレンダーを買うのなら、安くて便利なハンドブレンダーがおすすめです。

ハンドブレンダーはスティック型で収納場所に困らず、先端部分や「アタッチメント」と呼ばれるパーツが取り外せるのでお手入れも簡単。アタッチメントを付け替えることでさまざまな使い方ができるのも魅力です。

手に持って使うタイプなので軽く作られており、女性でもラクに取り扱えます。

総合的に見ると据え置き型のブレンダー(ミキサー)よりもハンドタイプのほうが高機能な製品が多いです。アタッチメントの種類が豊富な機種もあるので、コスパがよく、長く使えるブレンダーを購入したいなら、ハンドタイプのものを選びましょう。

【参考】https://sakidori.co/article/64403#index_3

使いやすいハンドブレンダーを選ぶポイント

ハンドブレンダーを選ぶときは、次の2つのポイントをチェックしましょう。

ポイント(1) おすすめは軽い、握りやすいブレンダー

ブレンダーを選ぶときは、必ず重さと握りやすさをチェックしてください。重たいものは取り回しが難しく、握りにくいものは長時間使うのが億劫になります。

軽ければ女性でもラクに扱えるので、できれば店頭で実際に商品を持ってみて、重さをチェックしてから購入しましょう。

握りやすさも重要なポイントです。握る部分が太すぎたりすると、スイッチに指が届かない場合もあります。無理なく握れてスイッチが押せる太さのブレンダーを選ぶことが大切です。

【参考】https://the360.life/U1301.doit?id=6103

ポイント(2) おすすめは片付けやすいコードレスのブレンダー

ハンドブレンダーには、充電式・乾電池式のコードレスタイプと、コンセントにプラグをさして使う有線タイプがあります。

片付けがしやすく、使いやすいのはコードレスタイプ。コンセントまでの距離やコードを気にしなくていいので、ラクです。

しかし、コードレスタイプのハンドブレンダーは決して多くありません。現在市販されている商品のほとんどが有線タイプです。有線タイプのハンドブレンダーを選ぶときは、コードの長さをチェックしましょう。コンセントから作業場所までの距離を考えて、少し長めのものを選ぶと使いやすいです。

【参考】https://www.biccamera.com/bc/i/topics/osusume_handblender/index.jsp

ポイント(3) アタッチメントの数で選ぶ

ハンドブレンダーは、アタッチメントと呼ばれるパーツを付け替えることで、さまざまな使い方ができます。

スポンサーリンク