【2020年最新】新生児から使えるベビーバウンサーおすすめ6選!

育児の便利グッズとして知られている「ベビーバウンサー」。ぐずった赤ちゃんをあやすアイテムとして便利ですが、ベビーカーや抱っこ紐などの必須アイテムとは異なり、購入を迷っている人も多いでしょう。

ベビーバウンサーを上手に取り入れると、家事や育児がもっと楽になったり、赤ちゃんもご機嫌で過ごしてくれたりすることも。

ここでは、手動や電動など、ベビーバウンサー選びで知っておきたい機能や選び方のポイントとともに、おすすめ商品を紹介します。ベビーバウンサーの購入を迷っている人も、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ベビーバウンサーおすすめの機能は?

ベビーバウンサーは、赤ちゃんを乗せて揺らすことでご機嫌にしたり、寝かしつけに活用したりできる便利なアイテムです。

さらにパパやママが家事をしているときも、赤ちゃんをバウンサーに乗せておけばご機嫌に。

後追いが激しく、パパやママの姿が見えなくなると不安になる月齢の赤ちゃんも、手が離せないときにパパやママの姿が見えるところにバウンサーを置いて寝かせておけば、ぐずることも少なくなるでしょう。

ベビーバウンサーを購入するときに、気になるのが価格です。ベビーバウンサーの中心的な価格帯は2~4万円になっていますが、電動か手動か、お手入れのしやすいものかなど、主な機能によって価格は異なってきます。

まずは自分がどのようにベビーバウンサーを使いたいかを考え、必要な機能を備えたものを選びましょう。

ベビーバウンサーの選び方で、チェックしたい2つのポイントを解説します。

ベビーバウンサーの機能:電動か手動か

ベビーバウンサーには、自動でスイングする電動式のものと、使う人が手で揺らして使う手動のものがあります。

電動のベビーバウンサーなら、自動的に揺れてくれるため、赤ちゃんから離れて家事などをするときにも便利に使えます。

ただし、電動はベビーバウンサー本体の重量があるため、移動しにくいのがデメリットです。また、コード式のため、コンセントのある場所でないと使えません。基本的には移動せず、一定の場所で使うベビーバウンサーを探している人に向いています。

手動のベビーバウンサーは、本体が軽量仕様のため、持ち運んで使いやすいのが特徴です。ただし、手でベビーバウンサー本体を揺らし続ける必要があるため、手が離せないときに使用したい人には不向きです。

いろいろな場所に持ち運んで使用したいときや、「赤ちゃんを座らせる、または寝かせる場所が欲しい」「ちょっとあやすときに使いたい」など、最低限の機能がついているものを探している人には手動のベビーバウンサーが向いています。

また、電動、手動ともに本体のサイズを確認して購入しましょう。

まず、ベビーバウンサーを置きたい場所にサイズがあっているかをチェックします。バウンサー本体の大きさだけでなく、揺らしたときの幅を加味するのが重要です。本体が大きいほどバウンサーの揺れ幅が大きくなることを踏まえて、置き場所に適したサイズを選びましょう。

部屋のスペースの関係で、どうしてもベビーバウンサーを置くと手狭になってしまうときには、コンパクトに収納できるものを選ぶと便利でしょう。

ベビーバウンサー選びのポイント:こまめに洗濯できるものを

ベビーバウンサーは赤ちゃんの肌に触れるものです。赤ちゃんがおむつ漏れや吐き戻しをしてしまっても衛生的に使えるように、こまめに洗濯できる機種を選びましょう。

バウンサーの本体からカバーのみを取り外して洗えるものを選ぶと、汚れが気になったときすぐに洗濯できます。さらに、手洗いのみではなく、洗濯機での丸洗いができるものなら、より便利に使えるでしょう。

ベビーバウンサーの2020年最新のおすすめ!新生児も使えるバウンサーは?

ベビーバウンサーは、赤ちゃんの寝かしつけや後追い対策に使用するため、使う期間が限られています。そのため、できるだけ長く使いたい人にぴったりの、新生児から使えるおすすめのベビーバウンサーを紹介します。

口コミや売れ筋から、人気のバウンサーを電動、手動それぞれで紹介していますので、納得のベビーバウンサー選びに役立ててください。

電動のベビーバウンサーおすすめ

家事を片付ける、トイレに行くなどパパやママが赤ちゃんからちょっと手を離したいとき、寝かしつけに使いたいときにも便利な電動のベビーバウンサーおすすめ商品を紹介します。

ネムリラ 電動タイプ ネムリラAUTO SWING/エッグショックBE ココアブラウン(コンビ)

ベビー用品メーカー「コンビ」はいろいろなベビーバウンサーを発売しています。「ネムリラ AUTO SWING/ネムリラ エッグショック」はそのなかでも定番のベビーバウンサーですので、初めてベビーバウンサーを使いたい人にもおすすめです。

オートスイング機能のついた電動式ながら本体重量は11kgと、電動ベビーバウンサーでも軽い方になっています。生まれたての赤ちゃんの頭を守る「エッグショック」を搭載したモデルで、新生児から4歳まで長い期間使用できるのも魅力です。

スポンサーリンク