ベビーチェアのおすすめが知りたい。使いやすさやタイプで選ぼう

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんのお座りが安定したり、離乳食を開始したりするタイミングで多くのパパママがベビーチェアの購入を検討します。赤ちゃん用品の中でも大物のベビーチェアは賢く選びたいものです。失敗しないベビーチェアの選び方とおすすめの商品を紹介します。

スポンサーリンク

ベビーチェアを選ぶポイント

赤ちゃんの腰が据わり上手にお座りできるようになると、お世話がずいぶん楽になるものです。ちょうど同じ時期に離乳食を開始する家庭も多く、ベビーチェアの購入を検討し始める時期でもあります。

しかし、ベビーチェアはダイニングやリビングの中でスペースを取る家具でもあるため、購入に慎重な人もいるかもしれません。ポイントを押さえて選べば、ベビーチェアは、赤ちゃんの座る練習やママが手を離せないときの赤ちゃんの待機場所にもなります。ベビーチェアを上手に選ぶポイントを見ていきましょう。

テーブルに合う高さ

ベビーチェアがあると早い時期からお座りの練習ができます。よい姿勢で座る癖をつけるためにも、共に使用するテーブルに合った高さやテーブルに合わせて高さが調節できるタイプを選びましょう。

特に、食事用のベビーチェアはテーブルとの相性が大事です。選ぶのが難しい場合には、ベビーチェア用の折り畳みテーブルが付属されていたり、後付けできるタイプを選んだりするのもよいでしょう。

用途に合わせて

どういった用途でベビーチェアが欲しいのか、考慮してみましょう。例えば、ハイタイプのベビーチェアはダイニングテーブルでの食事用に向いています。

ロータイプでテーブル付きのベビーチェアであれば食事中はもちろん、家事などでママやパパがその場を離れなくてはならないとき、赤ちゃんの居場所づくりに役立つでしょう。

遊びやねんねで使えるベビーソファもおすすめです。お風呂や外出先でも使えるベビーチェアもあります。

素材や機能性

ベビーチェアはメーカーやブランドによって、それぞれ工夫を凝らした素材が使われています。一方でベビーチェアを使う用途によっても向いた素材が異なるものです。

食事用には食べ物や飲み物がベビーチェアについたり、お漏らしをしてしまったりしてもお手入れしやすい素材の座面や、カバーのベビーチェアがおすすめです。屋外やお風呂でも使う希望がある場合は、はっ水性や安全性もチェックしましょう。

また、赤ちゃんの成長にあわせて座面や足置きの位置を変えられたり、コンパクトさや軽量にこだわって設計されていたりするベビーチェアもあります。どのような機能のベビーチェアがほしいのか、パパとママで話し合ってみるとよいでしょう。

おすすめのハイタイプのベビーチェア

ベビーチェアと聞いてまず思い浮かべるのが、食事の際に使うハイタイプのベビーチェアですよね。最近はデザインや機能にこだわったハイタイプのベビーチェアも開発されています。おすすめの商品を見ていきましょう。

大きくなっても使える 大和屋 アッフル

大和屋のハイチェア『アッフル』は、写真映えするカラーバリエーションが人気を集めています。インテリアにこだわりのある家庭におすすめのハイチェアです。マカロンカラーの6色展開となっており、別売りのかわいいテキスタイルカバーを装着して、色の組み合わせで遊ぶこともできます。

また、アッフルはおしゃれな見た目ばかりが注目されがちですが、成長にあわせて付属のテーブルや座面の取り外し・調節が可能など、機能性が高いのも特徴です。赤ちゃんが大きくなっても使用できる、スタイリッシュさと機能を兼ね備えたハイチェアといえます。

おしゃれな北欧デザイン ストッケ トリップ トラップ

ハイタイプのベビーチェアの中でも、長年不動のベストセラーといえばストッケの『トリップトラップ』です。徹底的に無駄をはぶいたデザインながら、どこか温かみのあるトリップトラップは、北欧デザインらしいこだわりとセンスがあふれたベビーチェアといえるでしょう。

かわいらしい外見だけでなく、安定感にも定評があります。赤ちゃんの成長にあわせて座面と足置きを調節できるため、長く使用できるところもうれしいですね。

カラーバリエーションや別売りの付属品も豊富なため、ライフスタイルや好みにしっくりくる一品が見つかるでしょう。

  • 商品名:ストッケ トリップトラップ
  • Amazon:商品ページ

ナチュラルな木製 カトージ プレミアムベビーチェア

ベビーチェアを選ぶうえで気にせずにはいられないのがコスパですよね。おしゃれで使い勝手のよいベビー用品を提供するカトージからは、1万円以下で手に入るベビーチェアをご紹介します。ナチュラルな木目とコンパクトなサイズ感でルックスも抜群です。

一方で耐久重量は60kgのため、成長にあわせて座面や足置きを調節しながら大人になるまで利用できます。主張しすぎないデザインなので、飽きたり他の家具と合わせづらかったりする心配もなさそうですね。

  • 商品名:カトージ プレミアムベビーチェア
  • Amazon:商品ページ

赤ちゃんをしっかりとホールド ベビービョルン ハイチェア

ベビービョルンのハイチェアは、背もたれのカーブや座面・足置きの位置が赤ちゃんの体を椅子に隙間なくホールドできるよう設計されています。座り心地が快適なので、赤ちゃんもご機嫌でいられるでしょう。

美しい色合いとデザイン、使わないときは畳んでおける利便性など、ママ・パパも納得のハイチェアです。テーブルトレイが外せるため、乗せおろしやお手入れが楽に行えます。

軽量で細かい気遣いが行きとどいたスマートなベビーチェアです。

  • 商品名:ベビービョルン  ハイチェア
  • Amazon:商品ページ

おすすめのロータイプのベビーチェア

ローテーブルで食事をする家庭や、その場を離れるときに赤ちゃんの待機場所としてベビーチェアを準備したい家庭もあるでしょう。このような家庭ではロータイプのベビーチェアがおすすめです。特に評価が高いロータイプのベビーチェアを4つ紹介します。

デスクにもなる2WAY仕様 ホップル コロコロチェア

ホップル『コロコロチェア』は、キッズデザイン賞を獲得した優れものです。

まず、ベルトやバーを装着すると重心が低く安定したベビーチェアになります。さらに、その名の通りコロコロと転がして向きを変えると、テーブルやベンチとしても利用できます。赤ちゃんが成長したら本棚やスツールとしても活躍するでしょう。

安全面にも配慮した角のないデザインが、ルックスのよさにもつながっています。アイデアと思いやりが詰まったベビーチェアです。

椅子への取り付けも可能 インジェニュイティ ベビーベース

ハイタイプとロータイプ、どちらのベビーチェアにするか迷っている家庭もあるかもしれません。その場合には、大人用のダイニングチェアに取り付けてハイチェアと同様の高さが実現できる、『インジェニュイティ ベビーベース』がおすすめです。

カップホルダー付きのテーブルトレイが付属されていますが、使わないときはベビーチェアの隙間に片付けられる優れものです。座面に弾力性のある素材・がっしりした腰ベルトを採用し、赤ちゃんに快適な座り心地を提供します。

ベビーチェア全体が、軽量でお手入れしやすい素材で作られているのも人気の理由です。

  • 商品名:インジェニュイティ ベビーベース
  • Amazon:商品ページ

カラフルなカラー展開 バンボ ベビーソファ

バンボの『ベビーソファ』は、豊富なカラー展開やかわいいデザインで有名なロータイプのベビーチェアです。ほどよい弾力のポリウレタン製で赤ちゃんを包み込みます。

首据わりが完了した時期から利用可能な点も、多くの家庭に選ばれる理由の一つです。水や汚れに強いこともバンボの魅力でしょう。

まだひとときも赤ちゃんから目を離せない生後3~4カ月ころ、ママの料理中や入浴中に赤ちゃんの待機場所として購入する家庭が多いようです。

スポンサーリンク