ベビーベッドおすすめ5選!安全性・機能・サイズで最適なベッドを選ぶ

ベビーベッドを使う時期はほんの一時期です。必要な機能や生活スタイルを考え、ゆずれないポイントと予算を照らし合わせて選ぶことをおすすめします。

この記事ではベビーベッドを選ぶ3つのポイントについて紹介します。

また、あると便利なベビーベッドの付属品やおすすめのベビーベッド5選についてもお伝えします。この記事を読んで最適なベビーベッドを選んでください。

スポンサーリンク

ベビーベッドを選ぶ3つのポイント

ベビーベッドを使う時期は一般的にはおよそ2歳までとほんの一時期です。

そのため必要な機能や生活スタイルを考えて、まずはゆずれないポイントを家族で話し合ってみましょう。その上で予算と照らし合わせて選ぶことをおすすめします。

まずは、ベビーベッドを選ぶ際に基準にしたい3つのポイントについて紹介します。

  • サイズで選ぶ
  • 安全性で選ぶ
  • 機能で選ぶ

順に詳しく説明します。

【サイズで選ぶ】おすすめサイズは?サイズは「レギュラー」「ミニ」の2種類

ベビーベッドのサイズは主にレギュラーとミニの2種類です。レギュラーサイズは120cm×70cmで、広めなのでオムツ替えなどにも便利ですが、場所をとるデメリットもあります。

ミニサイズは90cm×60cmで、場所をとらず移動にも便利ですが、その分寝るスペースも小さいので、赤ちゃんが頭や腕をぶつけないようインナーやパッドなどを付ける必要があります。

【安全性で選ぶ】PSC・SGマークがあるかどうかチェックしよう

ベビーベッドの安全性を評価する基準は、PSCマークとSGマークがあります

PSCマークは経済産業省により安全な製品と認められたものだけに発行されるマークです。日本では、PSCマークを取得していないベビーベッドは販売できません。

SGマークは経済産業省所管の財団法人・製品安全協会による安全性を示す任意のマークです。SGマーク付きの製品は製品の欠陥で事故が起きた場合、1億円までの損害賠償の対象となります。

【機能で選ぶ】折りたたみ式やキャスターの有無など

折りたたみ式は簡単にコンパクトになり収納に便利で、キャスター付きは移動に便利ですが、どちらも安定性には不安が残ります。また、側面の柵がおろせるものはオムツ替えに便利です。

さらに、ベビーベッドの下がストッカーになっているなどさまざまな機能があるので、選択のポイントとしたいですね。育児ブログなども参考にして選びましょう。

あると便利!ベビーベッドの付属品

赤ちゃんをあやしてくれるモビールや枕、ベッドガードなどベビーベッドの付属品について紹介します。絵本を上映してくれるプロジェクターも登場しますよ。

モビールやプロジェクター

ゆらゆらゆれるモビールや音楽が流れるメリーゴーランドは、ぐずった赤ちゃんをあやしてくれるだけでなく、感性を育てる役割も担ってくれます。

星空や絵本が天井に映し出されるプロジェクターは赤ちゃんの注意をそちらに向けることができ、機嫌良く過ごしてもらえます。とくに絵本のプロジェクターは成長したあとも絵本の読み聞かせなどに使うことが可能です。

ドーナツ枕

赤ちゃんの大切な頭を保護する枕選びにも、気を使いたいところです。赤ちゃんの頭部は柔らかいため、後頭部がつぶれないようにドーナツ枕をおすすめします。

ベットガードや蚊帳

寝返りした時や手足を伸ばした時のために、硬いベッドのフレームがあたらないようベットの内側を保護するベッドガードやヘッドガードがあると安心です。

また、蚊帳(かや)や天蓋(てんがい)は夏場以外でも虫の心配がないことと、赤ちゃんに安心感を与える効果もあります。

見守りカメラ

ベビーモニターは暗い場所でも様子を映し出してくれます。複数台のスマホやタブレットがあれば、それらをつないで様子を見ることも可能です。

スポンサーリンク