保育園児が夜寝ないのはなぜ?お昼寝や生活リズムが原因の場合も

寝る子供
「保育園に行きだしてから、子どもがなかなか夜寝てくれない…。」仕事と家事・育児と毎日フル回転のママには、家事や余暇の時間が減るのはつらいものです。考えられる原因について知るとともに、早めに寝かせられるよう対策を立てましょう。

スポンサーリンク

保育園児に適した睡眠時間は?

「寝る子は育つ」の言葉通り、睡眠は子どもの成長に密接に関わっています。「睡眠不足が子どもの成長に影響するのでは?」と心配なママも多いのではないでしょうか。 まずは子どもの理想の睡眠時間がどれぐらいかを知るところから始めましょう。保育園のお昼寝を合わせると、実はトータルの睡眠は足りているかもしれません。 保育園児の理想睡眠時間について年齢別にまとめました。

1~2歳の睡眠時間

生まれたばかりの赤ちゃんは、昼・夜の境なく1日の大半を寝て過ごしますが、成長に伴い昼間に起きている比率が高くなるとともに、生活のリズムが整っていきます。 1歳ごろには昼と夜の違いが明確となり夜にまとめて眠ります。 1歳~2歳では理想の睡眠時間は1日に11~13時間で、夜に10時間ほど、昼寝で1~3時間ほど眠るのがよいようです。 お昼寝の時間帯は、1歳では午前と午後に1回、または午後に1回で、各2~3時間が多くなります。 2歳児も午後に2時間ほどのお昼寝が必要とされますが、遅い時間帯だと夜眠れなくなる原因になるので、午後3時ごろまでには完了させるとよいでしょう。

3歳以上の睡眠時間

3~5歳の理想の睡眠時間は1日にトータルで10~13時間とされます。 3歳を過ぎると、体力もついてくるうえ睡眠のリズムが安定します。 お昼寝をしないで過ごす子どもも増え、ざっくり4人に1人の割合の子が昼寝をしなくなるようです。ただし、まだ多くの子は1~2時間程度のお昼寝を必要とします。 4~5歳ではさらにお昼寝をしない子どもの割合は増えますが、一部には昼寝が必要な子もおり、個人差が大きいところです。

夜寝ないのは保育園のお昼寝が原因?

子どもの1日の睡眠時間を見て、夜寝ないのはやはり「保育園のお昼寝が原因かもしれない」と思い当たることがあるかもしれません。 ここでは保育園のお昼寝が与える影響と対策について考えてみましょう。

保育園でお昼寝をする理由

保育園でお昼寝の時間が取られているのは、子どもの休息時間を取ることが一番の目的と考えられます。同時に保育園スタッフの休憩時間や事務作業の時間にも充てられています。 ただし近年では一律に昼寝の時間というわけではなく、休憩時間としてお昼寝以外にただ横になる、絵本を読むなど、個別対応をする保育園もあるようです。 厚生労働省の「保育所保育指針」では、以前は「午睡など適切な休息」と書かれていた箇所が、何度かの改正を経て平成30年度には「適度な運動と休息」と変更されています。 お昼寝は必須事項から選択的なものに変わりつつあるといえます。

お昼寝は夜の睡眠に影響する?

保育園でのお昼寝をなくすことで、夜早めに眠たくなるため就寝時間が早まる子もいます。しかし、逆に子どもが夕食やお風呂の時間に寝込んでしまい、かえって夜更かしするリスクも考えられます。 上記でも触れたように、子どもの睡眠時間には個人差が大きいものです。2歳でお昼寝をしない子もいれば、5歳でもしっかりお昼寝する子もいます。 保育園の昼寝は、夜の睡眠時間に影響がある可能性は高いものの、やはり1人ずつの子どものニーズに合わせることが大切なのではないでしょうか。

お願いしたら短くしてくれるケースも

保育園にお昼寝の時間を減らしたり、なくしたりするようお願いするママも中にはいるようです。 ほかにも同じように昼寝をしない子がいないか、昼寝前後の子どもの様子など、まずは保育園スタッフと密なコミュニケーションを取ることが大切でしょう。 子ども1人ずつに対応することは保育スタッフの負担が増えるうえ、どの子にも平等にすべきという方針の保育園の場合は難しいかもしれません。 しかし実際にお昼寝を必要としない子どもも一定数いるわけなので、柔軟に対応してくれる保育園もあるでしょう。

スポンサーリンク