授乳クッションは使い道いろいろ。選び方のポイントやおすすめを紹介

授乳クッションといっても種類は多く、使い方にもさまざまなバリエーションがあります。

使い勝手のよい授乳クッションを探すなら、自分に合った物を見つけるのが望ましいですね。選び方のポイントやおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

授乳クッションを使うメリットとは?

授乳クッションは、授乳中に赤ちゃんを抱える際に利用するクッションです。

U字型・三日月型・長方形などの形があり、ママの体にフィットしやすく作られています。使用期間は授乳期のみとなりますが、産後の必需品リストに授乳クッションを挙げるママも少なくはありません。

授乳クッションを使うとどんなメリットがあるのでしょうか。

授乳時のママの負担を軽減

授乳クッションがあれば、赤ちゃんを支えやすくなります。赤ちゃんは生まれたときから3kg程度ありますから、抱っこの負担なく授乳できるのはママにとって大きなメリットです。

また、新生児期の赤ちゃんは、1日に10回以上母乳を欲しがることがあります。1回の授乳には20~30分程度かかることが多く、ママの腕にかかる負担は大変なものです。

加えて、授乳中は前屈みの体勢になります。支えなしで授乳を続ければ、やがては首や肩、腰まで傷めてしまうこともあるでしょう。

その点、授乳クッションはママの腕や授乳姿勢の負担を軽減してくれるのです。授乳をはじめてすぐにはメリットを感じなくても、授乳クッションはやがてなくてはならない物となるでしょう。

赤ちゃんが母乳を飲みやすい

ママの抱っこで姿勢が不安定になると、赤ちゃんも母乳を飲むのが大変です。体が揺れたり、飲みにくかったりすると、母乳を飲まずに泣き出してしまう赤ちゃんもいます。

ところが、赤ちゃんを授乳クッションの上に寝かせて授乳すれば、赤ちゃんの姿勢も安定します。からだを固定できるため、赤ちゃんもしっかりと母乳を飲むことができるでしょう。

ママもリラックスして授乳できる

授乳クッションを使えば「赤ちゃんを落とさないようにしなければ」という不安からも解放されます。腕の力だけで抱っこするよりも安定するため、ママもリラックスして授乳に臨めるでしょう。

特に、首が座っていない赤ちゃんへの授乳は、ママも大変気を遣います。授乳クッションの使用で不安が軽減されれば、赤ちゃんのお世話はもっと楽しくなるでしょう。

授乳時のクッションの使い方

腕に乗った赤ちゃん

授乳クッションのメリットを最大限活かすには、正しい使い方をマスターすることが大切です。授乳クッションを使う際のポイントを紹介します。

まずは基本の使い方をマスターしよう

授乳するときは、まず授乳クッションをママの膝の上に置き、腹部と密着させましょう。その後、赤ちゃんを横たえ、母乳を与えます。

このとき大切なのが、赤ちゃんの抱き方です。赤ちゃんの口がママの胸の高さに合っていること、赤ちゃんのおへそとママのおへそがきちんと向き合っていることを確認しましょう。位置がおかしいと感じたら、タオルなどはさんで高さ調節を行います。

正しい位置で赤ちゃんと向かい合っていることが確認できたら、赤ちゃんの首の下を支えながら授乳します。

使い方次第で利き腕の腱鞘炎予防に

利き腕とは逆の手でも授乳できるようになれば、ママ特有の腱鞘炎の予防につながります。

たとえ、授乳クッションを使っていても、ママは手を使って赤ちゃんの頭や首などを支える必要があります。これを毎回同じ手で行っていると、負担が増大し、腱鞘炎になることもあるのです。

そこでマスターしたいのが、『授乳クッションを使ったフットボール抱き』です。これは、母乳をあげるのと同じ側で赤ちゃんを抱っこする抱き方で、赤ちゃんをフットボールのように脇の下に抱えます。

左右どちらからでも授乳できるようになれば、片腕にかかる負担は大幅に軽減できるでしょう。

添い乳のサポートにも

添い乳は、赤ちゃんとママが共に横になったままで授乳するので、そのまま寝かしつけられるというメリットがあります。しかし、赤ちゃんによっては動きが激しく、うまくいかないケースも少なくありません。

添い乳が苦手な赤ちゃんは、授乳クッションで赤ちゃんを固定して添い乳をしてみましょう。このとき、クッションは赤ちゃんの背中に沿うように置き、赤ちゃんの支えとして使います。

授乳クッションできちんと固定すれば、安定感が増します。添い乳が苦手な赤ちゃんも、寝たままの体勢でうまく母乳を飲めるようになることがありますよ。

授乳時以外のクッションの使い方

授乳クッションは授乳時だけでなく、使い方を工夫すれば赤ちゃんとの日常のさまざまなシーンで役立ちます。

授乳時以外の授乳クッションの使い方をみてみましょう。

U字型なら赤ちゃんのお座りのサポートに

授乳クッションがU字型なら、赤ちゃんを真ん中に置いてお座りの練習ができます。

クッションがバック・サイドをしっかり固定してくれるので、まだ1人でお座りできない赤ちゃんでも倒れる心配がありません。ママの手を借りなくてもお座りしてくれれば、ママとしてはかなり助かりますね。

ただし、首がすわっていない赤ちゃんを座らせるのは危険です。お座りの練習を始めるのは、生後半年を過ぎ、しっかり首がすわってからにしてくださいね。

お昼寝のベッド代わりに

授乳中に寝てしまった赤ちゃんを起こしたくない場合、そのまま授乳クッションに寝かせるのもよいでしょう。

クッションの真ん中に赤ちゃんを置く、U字型なら切れていない部分に赤ちゃんの頭を置くなどし、頭の位置が下がらないよう注意します。

また、クッションと床面に高低差がある場合は、下にタオルやブランケットなどはさんで高さを安定させることも大切です。

ただし、赤ちゃんを授乳クッションで寝かせるのは、ママが起きているお昼寝時に限ります。ママが眠ってしまっては、万が一何か起こっても対応できません。

赤ちゃんはどんな風に動くか分からないので、ベッド代わりに使用する際は、しっかりと様子を確認しながら使うことが大切です。

妊娠中のママや赤ちゃんの抱き枕に

三日月型の大きな授乳クッションを選べば、妊娠中から抱き枕として使用できます。

お腹がせり出す妊娠中は寝苦しく感じたり腰が痛くなったりすることが多く、寝付きが悪いママも多いでしょう。抱き枕になる授乳クッションがあれば、お腹を安定させやすい上、腰への負担も軽減できます。

また、サイズの小さな授乳クッションなら、赤ちゃんの抱き枕としても使用可能です。寝返りを始めた頃などに持たせると、体勢が安定しやすくなる赤ちゃんもいますよ。

失敗しない授乳クッションの選び方

赤ちゃんを抱え上げる母親

ひとくちに授乳クッションといっても、さまざまなタイプがあります。使い方も人それぞれなので、自分の使い方に合ったクッションを見つけることが大切です。

購入後に後悔しない授乳クッションを選ぶには、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

素材や洗いやすさで

授乳クッションは、カバーはもちろん、クッション自体も丸洗いできる物がおすすめです。

授乳していれば、ママの母乳があふれたり赤ちゃんが吐き戻したりなど、クッションは何かと汚れます。暑い季節なら赤ちゃんは汗をかきますし、こまめに洗える物の方が衛生面で安心です。

丸洗いできないクッションの場合は、カバーの取り外しが可能な物を選びましょう。クッション本体はこまめに陰干しなど行い、カバーを毎日取り替えれば、衛生的に使えますよ。

スポンサーリンク