授乳ケープのタイプ別おすすめ9選選ぶポイントや人気ブランドも

赤ちゃんとの外出時、快適な授乳をするために持ち歩きたい『授乳ケープ』ですが、「種類が豊富でどれを選べばよいのか分からない」と迷っていませんか?授乳ケープ選びのポイントや使用方法、おすすめの授乳ケープを知り、育児をより快適にしましょう。

スポンサーリンク

授乳ケープのタイプは大きく3つ

授乳ケープは、主に『エプロンタイプ』『ストールタイプ』『ポンチョタイプ』の3タイプがあります。まずは、それぞれのメリットやデメリットなどの特徴をみていきましょう。

赤ちゃんの顔が見える エプロンタイプ

『エプロンタイプ』は、調理時に使用するエプロンのように、ループを首にかけて使用するアイテムです。

着脱が簡単なのが最大の特徴で、首回りにゆとりを持たせたデザインや、ワイヤー入りの授乳ケープであれば、赤ちゃんの様子を見ながら授乳できるため、愛用しているママは多くいます。

また、首元や背面の紐でサイズ調整が可能な物が多く、子どもの成長に合わせて長く使用できるというメリットもあります。

コンパクトに折りたたんで持ち運びができるため、おむつやおしり拭きなど外出時の荷物が増えがちなママにも支持されています。

ただし、気を付けないと、背後や横から見えやすいというデメリットがあります。

マルチに使える ストールタイプ

『ストールタイプ』は、授乳ケープとしてだけではなく、赤ちゃんのブランケットやおくるみ、さらにはママのストールなど、マルチに活躍してくれるのが大きなメリットです。

授乳中に赤ちゃんが激しく動いても、ストールがずれて中が見えてしまわないように、ボタン付きなどで工夫がされているタイプもありますが、使い慣れていないと背中や脇腹が見えてしまうこともあります。

まずは、自宅で使用して周りから見えていないかを確認し、授乳スタイルのコツを掴むのがおすすめです。

授乳姿をしっかり隠せる ポンチョタイプ

頭からすっぽり被るだけで簡単に使用できる『ポンチョタイプ』は、360度覆い隠せるので、ママの背中や脇腹などがうっかり見えてしまうという心配がないのが魅力です。

また、伸縮性に優れているタイプも多く、赤ちゃんが暴れて手足をばたつかせても、めくれたり、ずれたりすることなく安心して快適に授乳できます。

ただし、一般的にポンチョタイプはコンパクトさに欠けることや、暑い季節は中に熱がこもってしまうのがデメリットです。コンパクトに持ち運べる薄手のタイプや、夏場は通気性に優れた素材の物を選ぶとよいでしょう。

授乳ケープを選ぶときのポイント

離乳食前の赤ちゃんは、1日の中で何度も授乳を行います。そのため、使用頻度が高い授乳ケープは、ママにも赤ちゃんにも快適な物がベストです。実際にどのような点に着目して選べばよいのか紹介します。

タイプやデザイン性によって

まずは、『エプロンタイプ』『ストールタイプ』『ポンチョタイプ』のどれが自分の好みなのか、またはどれが自分のライフスタイルにぴったり合うかを考えると選びやすくなります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分にとって何が大切なのか、優先順位を決めるのも一つの方法です。

例えば、人目が気になるのであれば、360度包み隠せて、どの角度からも見える心配のないポンチョタイプを選ぶと安心して授乳できるでしょう。

また、「授乳中もおしゃれを楽しみたい」「多目的に活用したい」という人は、バリエーション豊富でさまざまなシチュエーションで活躍してくれるストールタイプがおすすめです。

荷物が多くなりがちなママであれば、コンパクトに折りたためるエプロンタイプがよいでしょう。

素材や洗いやすさをチェック

大人の肌に比べて半分の薄さしかない赤ちゃんの肌は、大変デリケートです。できるだけ肌に優しく、刺激の少ない自然素材の授乳ケープを選ぶと、赤ちゃんも快適に過ごせます。

綿素材は通気性や吸収性にも優れているため、蒸れやすい夏場の授乳でも、快適に使用できるでしょう。

また、赤ちゃんが触れる物は、常に清潔に保つのが基本です。授乳ケープは、赤ちゃんが吐き戻してしまったり、汗が付いたりして汚れることも少なくありません。

したがって『洗いやすい素材であること』や『頻繁に洗濯しても丈夫で長持ちする素材』であることも大切なチェックポイントです。

紫外線や防寒対策できるものを

授乳ケープは、季節に合わせて素材や機能を選ぶと、ママだけでなく赤ちゃんにとっても快適さはぐんと増してきます。

気温が上昇する春夏は、薄く通気性のよい素材がおすすめです。特に、ポンチョタイプは中に熱がこもって蒸れやすいため、素材にこだわるとよいでしょう。

また、紫外線をカットしてくれる加工がプラスされた授乳ケープを選べば、日よけとしても使用でき、紫外線対策も可能になります。

逆に、気温が低下する秋冬は、外気を通しにくい暖かい素材を選ぶと快適に授乳できます。特に授乳中は、胸元がはだけて寒いため、しっかり防寒対策が可能な素材の物を選びましょう。

マルチに使えるかも大切

「赤ちゃんと一緒に外出するとなると、万が一のことに備えて、あれもこれもと荷物がどんどん増えてしまう…」というママも多いのではないでしょうか?授乳ケープは、そんなママの悩みを軽減してくれるアイテムです。

実は、授乳ケープはブランケット・おくるみ・日よけ・シートなどアイデア次第でさまざまな用途に使用可能なアイテムなのです。

特に、赤ちゃんとの外出が多いママは『他の用途にも使用できるか』を考えて選ぶと満足度が高くなります。

なお、授乳ケープを多目的に使用することを考えている人は、大きめのサイズでシンプルな物を選ぶと使い勝手がよいでしょう。

授乳ケープの使い方と注意したいこと

初めて授乳ケープを使用するときは、使い方やマナーなどに悩む人も多いでしょう。事前に基本的な使い方と公共の場での授乳のマナーを知っておくとスムーズに授乳できます。

STEP1 授乳ケープをセットし赤ちゃんを抱っこ

まずは、授乳ケープを着用します。次に、赤ちゃんを普段授乳するときの体勢で抱っこします。抱き方は、縦抱き・横抱き・フットボール抱きなどさまざまですが、ママと赤ちゃんが一番心地よい体勢がおすすめです。

どのタイプの授乳ケープも着脱が簡単な作りになっています。ポンチョタイプは上から被る、ストールタイプは巻く、エプロンタイプは首からかけて使用します。

商品によって着用の仕方は若干異なるため、事前に自宅で装着方法を確認し練習しておきましょう。

STEP2 赤ちゃんをケープで隠して授乳

しっかり抱きかかえた赤ちゃんを授乳ケープで覆い隠します。背後や脇腹などが見えていないか確認し授乳を始めます。

なお、ポンチョタイプは中が全く見えず手探りになるため、胸を出しやすいデザインの洋服を選ぶと、スムーズに授乳に移れるため、いざというときに慌てずにすむでしょう。

また、授乳ケープに不慣れな赤ちゃんは、突然視界が暗くなると不安になって泣き出すこともあります。自宅でもときどき使用して、慣れさせておくと安心でしょう。

レストランや公共の場での授乳には注意

外出先など公共の場での授乳に悩むママは少なくありません。実際に、レストランや公共の場で授乳ケープを使用し、授乳することには賛否両論あるのが現状です。

「赤ちゃんだから仕方ない…」と理解はできるものの、公共での授乳に不快感を抱く人もいます。

近年は、授乳室を完備している施設も増えているので、外出する際は事前に授乳室の有無を確認し、なるべく公共の場で授乳しなくても済むように心掛けるのも一つの方法です。

しかし、どうしても公共の場で授乳が必要なときもあるでしょう。その際は、なるべく人目につかない場所を選ぶことや、周りの人に了解を得るなど配慮するのがマナーです。

授乳ケープの人気ブランドとは?

雑誌などで取り上げられている人気ブランドの授乳ケープが気になるママも多いのではないでしょうか?おしゃれで使いやすい授乳ケープとして、多くのママに支持されている人気ブランドを紹介します。

スポンサーリンク