親子で楽しめるフィンガーペインティング。準備や具体的なやり方

フィンガーペインティングは自由な発想で絵を描きながら表現力が養えるうえ、ストレスの発散にもつながります。専用の絵の具がなければ、一般的な水彩絵の具と家にある小麦粉で手作りもできます。注意点も踏まえて、親子でアートを満喫しましょう。

スポンサーリンク

フィンガーペインティングとは?

フィンガーペインティングは、専門の知識や技術を必要とせず、子どもから大人まで楽しめます。

汚れることをおそれず自由にアートを楽しむことで表現力が養えると同時に、ストレス解消にもつながるでしょう。

手のみで絵を描くこと

筆などを一切使わず、手や指で絵を描くことをフィンガーペインティングといいます。道具を使わないため、特別な技術を必要としません。

指や手に絵の具を付けて、ペタペタと色を重ねたり、紙の上でこすって色を混ぜたりして、直感的に絵を描けるのが特徴です。

思うがままに描いていくことから、どのような作品に仕上がるか予想できないのも楽しみの一つでしょう。

表現力のアップやストレス解消に効果的?

フィンガーペインティングは五感を刺激し、表現力や想像力が養われるといわれています。

思い描いたイメージを表現したり、色が混ざって変化していく様子を楽しんだりすることで、感性が磨かれていくのでしょう。

泥遊び感覚で絵の具の感触が楽しめるのも魅力です。「服や机を汚すと叱られる」という抑圧から解放され、ストレスの解消にもつながります。

フィンガーペインティングの準備

フィンガーペインティングは紙と絵の具さえあればすぐに始められますが、汚れ対策が欠かせません。

絵の具が付いても問題ない服に着替えて、テーブルや床も新聞紙やブルーシートで保護しましょう。

用意するもの

フィンガーペインティングには、紙と絵の具が必要です。紙は厚手で丈夫な画用紙や耐水ペーパーが適しています。

フィンガーペインティング用の絵の具が販売されていますが、一般的な水彩絵の具しか手元にない場合は手作りも可能です。

水と小麦粉を4:1の割合で混ぜて、火にかけます。とろっとするまで温めたら火からおろして冷まし、水彩絵の具を入れて色を付けたら完成です。

赤・青・黄の3色を用意すれば、色を混ぜて緑・紫・茶などさまざまな色がつくれます。

汚れてもいい服装で

フィンガーペインティングの際、服を汚さないように気を付けながら描くよりも、汚れてもいい服を着て自由に楽しんだほうが満足度が高まります。

付き添っている大人も、絵の具の準備などをしているときに服が汚れるおそれがあるため、親子ともに汚れてもいい服を着用しましょう。

服の上からスモック・エプロン・大きいシャツなどを着て、汚れるのを防ぐ方法もあります。

スポンサーリンク