買ってよかった子供用収納の使い心地教えます!

収納棚と机

使用するのは、おそらく小学校に入る前までかな?と思っていたので、この簡易的な作りに魅力を感じ即購入。色もデザインも小さな子供向けで、横は身長が測れる計測メモリがついたデザインになっているので役に立ちそうです。

スポンサーリンク

おすすめポイント

続いてそれぞれの収納について使用してみての感想です。

1.リビングが綺麗に!

これは購入して本当に良かったです。リビングにこの棚がきたことで、子供が遊んだ後に片付けをするようになりました。

今までは遊んでも片付ける前に、次のオモチャを子供部屋から取りに行き・・また遊んでは取りに行き・・気が付くと散乱状態のリビング。

それが遊んだ後に、元の場所にすぐに片付ける習慣ができたのです。わざわざ子供部屋に片付けに行くわけではないので楽に片付きます。

また棚上で電車を走らせたり、お店屋さんができるスペースができたので、ここも有効活用!リビングが綺麗になりました!

2.寝る前に遊べるオモチャや絵本がある部屋に

和室に置いた棚には絵本を中心とした、夜寝る前に簡単に遊べるようなオモチャを入れました。今まで絵本は和室にあるものはBOXに入れていたので、本棚にきちんと並べることで、息子は自分で読んでほしい本を見つけて持ってきてくれるようになりました。

「寝るだけの部屋」から、「寝る前に遊べるオモチャや絵本がある部屋」になったことで、和室への移動もスムーズになりました。これも買って正解です!

3.意外に丈夫で長持ちしそう

簡易的な段ボール素材の洋服棚。少し組み立ては大変でしたが、一人でも充分にできます。何より軽いので扱いやすい!そして出来上がりが子供部屋にピッタリの可愛さです。

まだ自分で洋服の出し入れはできませんが、帽子やマフラーは自分で棚からとってきてくれるようになりました。もう少し大きくなったら、自分でハンガーにかけたりもできそうです。

また、段ボール素材とのことで、すぐにダメになるかな?とも思ったのですが、意外に丈夫で長持ちしそうです。上の子が小学生になったら、下の子に譲ろうかと思います。

子供用収納は必要不可欠!

子供用収納を持っていなかったことで荒れていた我が家も、各部屋に合った子供用収納を作ることでだいぶスッキリしました。

また、子供自身も「これはココで遊ぶ物」「ココに片付ける物」という認識ができたようで、自分でお片付けをしてくれるようになりました。

収納を購入するのって、なかなか面倒だったりするのですが、やはり子供用収納は必要不可欠です。これからまだまだ物が増えそうですが、上手に収納していきたいです。

スポンサーリンク