赤ちゃんを危険から守るお助けグッズレビュー

赤ちゃんを守る手

2はコンセントの穴をいじり始めた息子にぴったり。ハイハイしていると、ちょうど目線の先にコンセントがあり、なんだかそこに指を入れようとしたりするんです。

これは一歩間違えると大惨事!危険です!そこでその穴にカバーをするグッズを購入しました。これは8個入りで100円。2つ買えば家にあるコンセントは大体カバーできます。

戸棚ストッパー

3は戸棚をロックできるものです。構造は簡単なのですが、赤ちゃんには開けられない設計になっています。食器棚や包丁、洗剤の入っている棚はすべてロックをつけました。これで絶対に開けることができません。

西松屋にて

柵

続いてはキッチン自体に入らないようにする柵はないかと調べてみました。赤ちゃんグッズが安い西松屋へ。キッチンの柵、たくさん置いてありました。

簡易的なものだと、本当に普通のネットのようなもので、それをキッチンの入り口に立てかけ、大人はそれをまたぐというようなもの。もう少しちゃんとしたものだと開閉ができる柵もありました。

値段は高いですが、開閉のできるキッチンの柵を購入することにしました。それでも5,000円前後で手に入るので安いかな?と思います。ネットでも購入できそうでしたが、目で見て買いたいと思ったので西松屋で購入できて良かったです。

その効果は?

赤ちゃんを危険から守るグッズを購入し、早速家に設置。まずは一番の危険ゾーンであるキッチンに入れなくなったのは、かなりの安心感です。キッチンには危険がたくさんあるし、落ちている物を口に入れられても怖いので・・。

そして戸棚のロックもコンセントのカバーも設置したことで、子供は何もできなくなりました。何もできないことで興味もなくなったようです。テーブルカバーも机に合う色を購入したので、目立たずに綺麗に設置することができました。これでトイレに行くときにドキドキすることはありません。少しだけ余裕ができました。

スポンサーリンク

何かあってからでは遅い!

赤ちゃんを危険から守るグッズはたくさん出ています。そして安く揃えることができます。毎日ひやひやしつつ、何かあって後悔するのでは遅い!だからこそ、安くてもきちんと赤ちゃんを守ってくれるグッズを購入するべきなんですね。

ハイハイする時期になって、ある程度の危険防止グッズを設置できて安心できました。・・とはいえ、まだまだ目は離せないですが、できることはするべきですね。

スポンサーリンク