危ない!1歳までに考えられる事故や予防策とは?

窓の外を見る赤ちゃん

寝ているだけの赤ちゃんは、自分で危ないことを察知して気をつけることができません。そのため、移動の際や目を離した時に思わぬことで自己に繋がることがあります。

また、動き始めた赤ちゃんは、気になることがあれば周りを気にせず一目散!1歳までは特に事故が多く起こりやすい時期となります。

親として子どもの事故を防ぐことに最大の注意をしているつもりですが、それでも少し油断した時や目を離した隙に起こってしまう事故というものもあります。子どもの行動は予測できないので怖いもの・・ではありますが、予測できる事故であれば予め注意深く気を付けることができますね。

そこで今回は1歳までに考えられる事故や予防策について、私が調べたことと実際に感じたことを中心に紹介させて頂きます。お子様の思わぬ事故を心配しているパパママはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

注意をしていても起こるヒヤヒヤ

赤ちゃんとの生活は毎日気をつけることの連続です。抱っこする時も寝かせる時も、目を離す時も・・常に注意をして行動をしています。それでもヒヤヒヤすることはとても多く、「あ!危ない!」ギリギリのところで危険を回避できたことも何度もあります。

例えば赤ちゃんを抱っこ紐に入れて歩いていた時。赤ちゃんに物が当たらないように・・赤ちゃんの体勢が悪くならないように・・と常に気をつけていたのに、ふと落ちた物を拾おうと屈んだ時に赤ちゃんがスルリと抱っこ紐から落下しそうになったこともありました。

また呼ばれて振り返った時に、赤ちゃんの頭を壁にぶつけてしまいそうになったこともありました。あと少しで大変なことになるところだった!と何度か息をのんだものです・・!

また寝ているだけだった赤ちゃんが寝がえりやズリバイを始めると、更に危険なことが増え、少し目を離しただけでも恐ろしいことが起こりそうで目が離せません。

早いズリバイ移動で玄関の方まで行き、玄関の段差を落ちそうになったり、キッチンの戸棚に手を伸ばしていたりします。

これでは24時間監視状態!もう少し子どもの起こりそうな事故をきちんと把握して防げることをしておかなければ!とすぐに調べることにしました。

1歳までに考えられる事故と予防策

お医者さんがつくった妊娠・出産の本に考えられる事故や予防策が書いてあったので、これを参考にすることにしました。

うつ伏せ寝

乳幼児突然死症候群の心配があるので、乳幼児のうつ伏せ寝は避けなければいけません。仰向けで寝かせて、顔が埋もれてしまうような布団は使用しないようにしましょう。

抱っこ紐

抱っこ紐に入れて前かがみになると赤ちゃんの転落の可能性があります。またおんぶは後ろが確認できないので特に注意が必要です。

お風呂

小さい子は残り湯でもおぼれてしまいます。1㎝でも大丈夫とは思わずに、お湯の抜いておくか、赤ちゃんが入れないようにしておく必要があります。

誤飲

生後5か月を過ぎると自分で物を掴んで口に入れることができます。危険なものは手の届くところに置かないようにしましょう。

転落

寝返りができるようになれば、コロコロと転がって転落してしまう可能性があります。高さのあるものや柵のないものに乗せておく時は目を離さないようにしましょう。

スポンサーリンク