チェアベルトって必要?EIGHTEXのチェアベルトレビュー

イス

お座りができるようになったけれど、まだまだ安定せずに目が離せない時期ってありますよね。そんな時、外出先でベルトがないチェアに座らせるのって、なんだか心配では無いですか?

椅子から落ちないかな?これなら抱っこしたほうがいいのかな?なんて思いながら過ごしていると落ち着きません。

結局ママのお膝の上で抱っこさせて、ママはゆっくり過ごせないなんてことも多いのではないでしょうか。そんな外出先で活躍するのがチェアベルトです。

チェアベルトって必要?本当に助かる?と気になる人のために、今回は買って役に立ったEIGHTEXのチェアベルトについてご紹介します。是非参考にしてください!

スポンサーリンク

意外と不安定な子イスたち

うちの息子がお座りができるようになったのは7か月頃です。離乳食も始まっていたので、1人で座れるというのはとてもたすかりました。

でも、まだまだ安定していない時期。何かの拍子に右へ左へ・・前へ後ろへ・・とコテンと倒れてしまうことも多く目が離せません。そのため家では食事の時や少し目を話すときにはバンボに座らせていました。

少しずつランチを外で食べることも増えてきた頃。今までは外出先ではベビーカーや抱っこ紐で過ごすことが多かったのですが、外でもランチを一緒に座って食べられるようになりました。

その時子イスを用意してもらうのですが。この子イス!意外とベルトなしのものが多いんですよね。恐らく1歳〜3歳くらい用なのでしょう。座らせてみるものの不安定で落ちてしまいそう!!

なんだかランチどころではなく、結局子イスから降ろして私が抱っこしてしまいます。そんな時に外出先でチェアベルトを持参して使用している親子を発見したんです。あれはなんだ?便利そう!ということで早速探しに行きました。

チェアベルトについて

赤ちゃん売り場で見つけたのはEIGHTEXのチェアベルトです。これは大人用の椅子に取り付けることができる補助ベルト。帰省先や外出先で子ども椅子がない場合に取り付け使用することができます。

またママの腰につけることもできるので、常に抱っこに気をとられることなくママも両手を使って食事ができます。

対象年齢は腰がすわっている赤ちゃん〜3歳まで。値段は2000円ほど。色はそこでは3色売られていましたが、ネットで調べてみると6色にチェック柄が2種類あるようです。キッズデザイン賞も受賞しています。

これは良さそう!外出が増え、起きている時間も増えた息子には重宝するかもしれない!3歳まで使用できるなら、この値段も高くはないかなと思いました。そこで黄色のチェアベルトを購入しました。

スポンサーリンク