お箸デビュー!1歳8か月の息子がエジソンのお箸を使ってみた!

子供と箸

離乳食が始まり、最初はママが「あーん。」と食べさせてあげていた赤ちゃん。それが食べることにも慣れると、だんだんと自分で食べるということを覚えてきます。

手掴みから始まり、少しずつスプーンやフォークを上手に使えるようになります。そんな様子を見ていると、もう赤ちゃんじゃないんだと実感しますね。

そして次のステップがお箸です。お箸を使うのって子供には難しく感じますが、実際いつからどのようにスタートさせたら良いのでしょうか。

今回はそんなお箸のスタートに私が購入したエジソンのお箸について使用した感想やお勧めポイントも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

大人のお箸に興味津々

1歳半頃になってスプーンやフォークも上手に使えるようになった頃、パパやママの使っているお箸に興味を持つようになりました。

自分のスプーンやフォークを使わずに大きな大人のお箸を持って一生懸命ご飯をつかもうとするのです。もちろん上手に使うことはできずにお皿から全部こぼれてしまい、結局手でつかんで食べたりしているのですが。

きっとパパとママと同じ物が使いたかったのでしょう。そこでそろそろ息子にもお箸を買ってみようかな?と思い始めたのです。

赤ちゃん売場に行くと、お箸って色々な物があるんですね。ただの小さい子供サイズの箸を想像していましたが、それだけではありません。ちゃんとお箸が持てるように作られている物もたくさんありました。

そして子供の好きなキャラクターもたくさん出ています。息子と一緒に選んでいたのですが、息子はおもちゃを選ぶかのように目をキラキラと輝かせていました。

エジソンのお箸を購入

数あるお箸の中から選んだのは「エジソンのお箸」というものです。これはお箸に3つのリングがついていて、それぞれに親指、人差し指、中指を入れることで上手にお箸を持てるような設計になっています。

綺麗な箸の持ち方を習慣にさせ、覚えさせることができるお箸なんです!最近大人でもお箸の持ち方が汚い人っていますよね。これってきっと小さい頃の癖が抜けないのだと思います。

初めて箸を持った時の感覚が抜けずにそのまま間違った持ち方を変えることができず大人になってしまったのでしょう。お箸の持ち方が悪いと少しだらしない印象がついてしまいます。

スポンサーリンク