子供が気になってしっかり掃除できない!子育て中の掃除の頻度やコツは?

掃除と子供

小さい子がいるとなかなか掃除がはかどらないものです。お昼寝の間に…と思っても掃除機をかければ音で起きてしまうし、かと言って子どもが起きてる間にやるのは至難の業です。

後追いの時期の赤ちゃんであれば必死の形相で追いかけてくるでしょうし、歩けるくらいの子であれば片付けているそばから散らかすでしょう。おんぶをしながらなんとか掃除機をかけるのがやっと…というママは多いのではないでしょうか。

しっかり掃除ができないことにイライラしてしまう気持ちはよくわかります。ここではストレスをためずに掃除をするコツや考え方をあげてみます。

スポンサーリンク

なぜ掃除がはかどらないのか

赤ちゃんや小さい子は「目が離せない存在」であり、大きくなればなったで「子どもは部屋を汚す存在」だからです。普段外で働いでいるお父さんにとっては、なぜ一日家にいて掃除もできないのか不思議に思うことでしょう。

子どもがいる日常というのはすべて子どものペースで物事が進むものであり、やりたくてもできないことだらけなのです。細切れの時間はあってもまとまった時間はとれないものです。

また、ママにだって休息は必要ですから、子どものお昼寝タイムなど貴重な自分の時間をすべて家事にまわす必要もないのです。

きちんと掃除ができない理由は「子どもに合わせた生活をしているから」であり、「育児をしている証拠」でもあります。

なぜ掃除をするのか

赤ちゃんや子どもがいる家庭では家を清潔に保つことは大切なことです。不衛生な環境では病気やアレルギーを引き起こしたり、散らかっている部屋では落ちているものでケガをしたり誤飲してしまったりするからです。

動けるようになったらのびのびとハイハイやタッチの練習をさせたいですし、もっと大きくなったら「遊ぶスペース」を作ってあげたいものです。

また、子どもの頃の育った環境というのは大きく、部屋がきれいに片付いている家は子どもの情緒が安定しているという話もあります。子どもがいる家庭では掃除も育児の一環なのです。

できる時にできる範囲で

では、「子どものためにも掃除をしたいのに、子どものせいで掃除ができない…」このジレンマはどのように解決したらよいのでしょうか。子どもがいると物事は予定通りに進まないものですから、諦めと妥協も大切です。

ルールを決めたりあれもこれもと考えすぎず、できる時にできる範囲でする「ちょこっとながら掃除」がおすすめです。

歯を磨きながら洗面所をちょっと磨く、お風呂に入りながら床を磨く、料理をしながら炊飯器やレンジのまわりを拭く…など、いつもの動きに+アルファするだけのちょっとしたお掃除です。

掃除機がかけられない日は目についたところをコロコロだけするなど、日々のちょっとしたお掃除であっても案外きれいに保てるものです。

スポンサーリンク