子育てを手伝わない夫にイライラ!子育てに非協力的なパパの心理と対処法

パパと子供

子煩悩になれとは言わないけど、せめて休みの日は子供の面倒を見て欲しいと思うママも多いですよね。しかし、子守を頼んでも満足に面倒を見てくれないどころか拒否をしてくるパパにうんざりしていませんか?

子供が可愛くないのと疑問に思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはないのです。パパはパパなりに言い分があります。今回は子育てに非協力的なパパの心理と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

子供との接し方がわからない

仕事の忙しいパパなら子供が起きる前に出勤し、子供が寝てから帰宅するなんて普通だという家庭も多いのではないでしょうか?

そんな仕事が忙しい男性は子供と接するのは休日だけ。パパからすればたまにしか会わない我が子をいきなり面倒を見てと言われてもどのように接したらいいのか?どのように遊んであげたらいいのかわからないと感じている場合もあります。

そんな子供との接し方がわからず戸惑っているパパには「この子は今絵本を読んでもらうことがはやっているの」「おままごとが好きなの」「お絵かきが好きなの」とどのように遊んだらいいのか、さりげなく教えてあげてはいかがでしょう?

そうすればあまり子供と接点がなくどのように接したらいいのか戸惑っているパパも、子供と遊ぶことができるはずです。

せっかくの休日をゆっくりしたい

仕事で疲れているパパの中には仕事で疲れてしまって休日はゆっくりしたい、寝ていたいと思っている人もいるはずです。

子供と遊ぶとなると体力を使うので余計に面倒を見たがらなくなるのです。しかし、毎日クタクタになるまで働いているパパです。休日くらいゆっくりさせてあげないと体を壊してしまうかもしれません。

ここは我慢してゆっくりと休ませてあげてはいかがでしょう?そしてパパがゆっくりとして起きてきた後体力をあまり使わない遊び、お絵かきや絵本を読むといったちょっとした触れあいをしてあげるように促してみては?

スポンサーリンク