実は一番負担が大きい?専業主婦の苦悩と悩み

洗濯を散らかす子供

専業主婦はずっと家にいて子育てできるから楽でいいね。そんな風に言われがちですがとんでもありません。

子供と24時間共に過ごさないといけない専業主婦は、場合によってはもっとも過酷で負担が大きいともいわれています。今回はみんな勘違いしている?専業主婦の子育てのしんどさと悩みあるあるをご紹介します。

スポンサーリンク

一人の時間がない

専業主婦のいいところは未就学の期間は、子供とずっと一緒いられることではないでしょうか?

共働きの親からすれば、子供を保育園に預けることなくずっと一緒に過ごせることに羨ましいと思わるかもしれませんが、逆を言えば寝ても覚めても子供と一緒にいるので一人になれる時間がないということです。

仕事をしているママさんも通勤したり会社にいったりと一人になる時間はないと思いますが、通勤の電車の中、休憩中、トイレといった時に1人になるタイミングはあるはずです。

その点、専業主婦は何をするにも子供がついてきます。ちょっとコンビニに行くだけ、ちょっとトイレに行くだけでも子供がついてきます。

そんな生活、人によっては息が詰まってしまうのではないでしょうか?一人の時間が全くなく、子供と向き合っている専業主婦はある意味共働きの人よりも子育ての負担は大きいということができます。

家事に完璧さを求められる

周囲の働いているママ友は仕事に育児に家事にと毎日追われながらも必死にこなしているのだから、専業主婦の自分はもっと完璧にこなさないといけない。そんなふうに自分を追い込んでいる人もたまに見かけます。

完璧に家事を行わないといけない、完璧に育児を行わないといけない、そのプレッシャーに押しつぶされそうになっていませんか?

専業主婦だからこそ家事や育児を完璧に出来て当たり前、そんな風潮が専業主婦にとってプレッシャーと負担になっているのです。

旦那に養ってもらっているという負い目

旦那からそのような事は一切言われていなくても「私は養ってもらっているから、家事や育児を一人でこなすのは当たり前」「少しの失敗でもせめられるのは自分ができていないから仕方ない」そんな負い目を感じながら日々を生活している専業主婦は意外と多く存在しています。

スポンサーリンク