幼稚園の面接ってどんなことをするの?質問の準備や服装について

椅子に座る女の子

子供を幼稚園に入れるとなると、まずは願書を提出しなくてはなりません。願書を提出した後は、面接が待っています。

幼稚園の面接って何するの?失敗したら落ちるの?と不安に思っているママさんもいるかもしれません。今回は、そんな幼稚園の面接について紹介していきます。

スポンサーリンク

幼稚園の面接って具体的にどんなことをするの?

幼稚園の面接は幼稚園に願書を出した後に、ほとんどの場合が行われます。激戦区の幼稚園ではない限り、ほとんどの場合は願書を受理した段階で入園は確定されているようです。しかし、それでも面接をする理由というのは、子供の為でもあり親の為でもあります。

子供と園の雰囲気はあっているかどうか、そして子供がどんな子なのかを知っておくことは園にとっても子供にとってもとても大切です。書面だけではわからないことを知るための機会として面接をしている幼稚園がほとんどです。

実際に面接では、保護者に対する質問と子供に対する質問をしていきます。保護者が聞かれることは、まず志望した理由です。家庭の教育方針や幼稚園に希望することなども聞かれます。

さらには子供についても聞かれます。子供にも質問をするとしてもそれだけで子供の本当の姿を見ることはできません。普段家ではどういう子なのか、子供の性格について聞いたり、好き嫌いについて聞いたりします。

アレルギーがある場合や、トイレがまだできていないような場合はこの面接のときに話しておくと良いでしょう。これから幼稚園で生活していくために知っておきたいことを幼稚園側から質問されます。

さらに、子供に対しても簡単な質問をします。名前や年齢など基本的な事から、好きな物や嫌いな物など、子供でも簡単に答えられるような、簡単な質問をします。万が一恥ずかしくて答えられなくてもそれを個性としてとらえられることが多いので、完璧を求める必要はありません。

幼稚園の面接前に準備した方が良いこと

幼稚園の面接前に、準備した方がいいことは自分の願書の内容をしっかりと読んでおくということです。

面接する時は、基本的に願書の内容を見ながら質問されます。願書の内容を前もって理解しておくことで、面接が楽になるはずです。

スポンサーリンク