子供がゲームばかりで言うこと聞かない!時間管理やルールの決め方は?

ゲームをする子供

子供がゲームばかりで全くいうことを聞かないと悩んでいませんか?子供にとってゲームは欠かせない遊び道具になっていると思います。

子供がゲームにハマる理由は一体どのようなところにあるのでしょうか?また、子供のゲーム依存への危険性や対処法についても詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

なぜ子供はゲームにハマるのか?

なぜ子供はそもそもゲームにあれほどハマってしまうのでしょうか?現在販売されている最新のゲームは、中身がとても巧妙に作られていて飽きない工夫がなされています。

単純作業を延々と続けていくようなゲームよりも、ロールプレイングゲームのような常に楽しめるようなゲームが増えてきているのです。

特に新しく買ったゲームは、1度になるべく進めたいと思う気持ちが強く、やめたくてもやめ時がわからなくなってしまいます。

長期休暇になると、何時間でもゲームしていても大丈夫という気持ちが働いてしまうので、どうしてもゲームがやめられなくなってしまいます。

また、子供に何本もゲームを買い与えすぎているというケースもあります。ゲームは新しいものが次から次へと発売されています。子供は大人よりも飽きっぽい部分があるので、新しいものを欲しがります。

言われるがままにゲームを与えすぎてしまうと、ゲームに飽きる時間がなくなってしまいます。そうなるとやめたくてもやめられない状況に陥ってしまうのです。

子供のゲーム依存の危険性

子供がゲームをやり続けていると、一体どのような危険性があるのでしょうか?まずは目が悪くなります。同じ画面を長時間見続けてしまうと、目に疲労がたまり視力が低下しやすくなります。

また、時間を気にせずにゲームをすることで、睡眠不足になることも考えられます。睡眠は子供の成長には欠かせない時間です。それを削ってしまうことで成長を妨げてしまう可能性があります。

さらに子供のゲーム依存が悪化すると、外で友達と遊ばなくなります。ゲームをしている方がいいと、学校でも孤立してしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク