育児に疲れたと思う原因は?辛い時の対処法

眠る子供とママ

子育てをしていると、どうしても育児に疲れてしまうことがあります。特に出産直後はとても忙しく、初めての時は余計に不安なことが一杯です。そのため、育児疲れを感じてしまうことがあります。

育児に疲れたと思う原因はどのようなものがあるのでしょうか?さらに育児が辛くなってしまった時の対処法について紹介してきます。

スポンサーリンク

育児が疲れたと思う原因1.誰も褒めてくれない

育児が疲れたと思ってしまう原因の1つは、誰も褒めてくれないということです。毎日毎日寝不足になって、一生懸命育児をしているというのに、誰も褒めてくれないということがとても苦痛に感じてしまっています。

赤ちゃんは悪気があってお母さんを疲れさせているわけではありませんが、エンドレスに続く子育てに、先が見えなくて暗い気持ちになってしまうようなことはあります。

子供が嫌いになったからなどといった考え方ではなく、心が追い詰められてしまっていることが原因です。

生きてきた中で、これほど1人で戦うような経験はあまりありません。だからこそ、どうしても育児が大変だと感じてしまいます。さらに初めてのことだとより不安も大きくいっぱいいっぱいになりがちです。

育児が疲れたと思う原因2.自分の時間がない

育児が疲れたと感じてしまう原因の2つ目は、自分の時間がないということとです。子供が生まれてから、長い間自分の時間が少なくなってしまいます。

自分中心だった生活が突然子供中心の生活になります。最初は大丈夫だと思っていても、あまりの自分の時間のなさに耐え切れなくなってしまうこともあります。

今まで生きがいだったファッションやメイクを楽しむ時間もありません。どうしても今までできていたことができない180度違う環境になってしまうことが、ストレスになってしまうことがあります。

出産とはそういうものだと頭ではわかっているつもりでも、実際にその状況に陥ってみるとどうしても不満が出てきてしまいます。

育児が疲れたと思う原因3.1人でやらなくてはならない

育児が疲れたと感じてしまう原因の3つ目は、育児をすべて完璧に1人でこなさなくてはならないということです。出産直後は本当に寝る時間が少なくなる中で子育てをしなくてはいけません。

スポンサーリンク