赤ちゃんのドライブはいつからOK?ぐっすり寝る準備やおすすめのグッズは?

チャイルドシートに座る子供

赤ちゃんを連れて外出するとなると色々と準備が必要ですよね。近所に出かけるだけでもオムツやミルクや着替えなどで大荷物になります。

車であれば荷物はたくさん置いておけるし、公共の乗り物と違って赤ちゃんが泣いても周囲の目を気にしなくてもよいので気が楽です。

そもそも、赤ちゃんはどのくらいからドライブができるのでしょうか?今回は赤ちゃんとドライブする時のポイントや注意点などについてまとめます。

スポンサーリンク

チャイルドシートの取り付けから

法律では6歳未満の子どもを車に乗せる時はチャイルドシートの使用が義務付けられています。

チャイルドシートには年齢に合った種類があり、0歳から使用できるベビーシート、1~4歳くらいを対象としたチャイルドシート、5~6歳向けのジュニアタイプのチャイルドシートがあります。

3段階とも対応しているものもありますが、筆者の場合は下の子が産まれたのをきっかけに上の子用にジュニアタイプのチャイルドシートを購入し、下の子にはそれまで使っていたチャイルドシートを使用しました。

赤ちゃんとのドライブには、まずはチャイルドシート選びからです。産後、車を使うことが予想される場合は出産前に用意しておきましょう。

できれば生後6か月くらいから

首が座っていないような新生児を車に乗せる時は特に注意が必要です。赤ちゃんへの負担が大きく、ゆさぶられ症候群も心配です。新生児のうちはできれば長時間のドライブは避けましょう。

どうしても長時間乗せないといけない場合は、赤ちゃんの様子をみてこまめに休息をとりましょう。筆者は娘が生後2か月の時に身内の結婚式に出るため、赤ちゃんを連れてドライブしたことがあります。

色々心配だったため、赤ちゃんやお年寄りを専門にしているタクシー会社(こころタクシー)に依頼しました。片道1時間半くらい、往復で3時間のドライブでした。チャイルドシート付で、安全運転を心がけてくれていると思うだけで精神的に気が楽でした。突発的な出来事の場合は専門会社に頼むのもひとつの手です。

できればお昼寝タイムに合わせて

赤ちゃんとドライブするときは、なるべく車中で寝てくれるようにお昼寝のタイミングで移動するのがベストです。生後6か月~1歳を過ぎてくればだんだんお昼寝のリズムもできてきます。

筆者の場合、生後6か月から毎月片道2時間の場所にある実家に帰省していましたが、いつもお昼寝のタイミングを見計らって出発~帰宅をしていました。

スポンサーリンク