どうやら接し方がわからないらしい…。父親と子供の関わり方

父親と娘

専業主夫を選ぶ人もいたり、男性の育児参加が声高に叫ばれていたりする現代ですが、育児はまだまだ女性のものという意識が強く、母親の方が子供と関わる時間は圧倒的に多いものです。

そんな中、父親と子供はどう関わっていけばいいのでしょうか?父親と子供が健全な関係を作るということは、子供が健全に育つためにも大切なことなのです。

父親と子供のいい関わり方と、それに関して母親がどう働きかけていったらいいのかということを、詳しくお教えします。父親と子供のいい関係、築いていきましょう。

スポンサーリンク

パパの話をたくさんする

パパは子供と過ごす時間がとても短いです。そんな中で子供がパパのことを尊敬したり親しみを持ったりというのは、ママにかかってくるのです。

パパと過ごす時間が少なくても、パパは今頃何をしているのかなぁという話をしたりして、パパを身近に感じられるようにしましょう。

買い物をしている時にも「パパの好きな食べ物買おうね」と言ってパパの好きなものを買うなど、日常の色々な所でパパを感じさせることはできるのです。パパの話をたくさんすることで、子供がパパを身近に感じられるようにしていきましょう。

パパとママが仲良くする

子供が一番信頼しているのは、なんといってもママです。その信頼しているママがパパと仲良くしていると、子供は信頼しているママの仲良くしている人=ママと同じで信頼できる人だという認識を持ちます。

夫婦仲は子供が生まれる前と後とではガラリと変わりやすいものですが、子供の親という同じ立場であるのは夫婦だけです。

子供が巣立った後にも仲良く過ごすことは一生を豊かにするため大切なのです。ですから、子育て期から仲良く過ごし、その姿を子供に見せることで子供がパパを信頼できるようにしていきましょう。意識して過ごすことで、親子の関係だけでなく夫婦の関係もよくしてくれるでしょう。

触れ合う時間を作る

子供にパパの話をたくさんしたり、パパとママが仲良くすることでパパを信頼できる人だというところまで押し上げることができたなら、子供とパパが触れ合う時間を作っていきましょう。

スポンサーリンク