何か理由でもあるの?宿題をしない子供への有効な声掛け

宿題をしない子供

「早く宿題しなさい!」毎日毎日宿題をさせるのに一苦労。何とかして子供に宿題をさせる魔法の言葉はないものかとため息をつきたくなってしまいますよね。

子供にはゲーム・テレビなど宿題以外の誘惑が多く、宿題をなかなか始めずそんな姿にイライラさせられてしまうものです。

つい強い口調で注意してしまい、子供も「今やろうと思ってたのに!」と怒り宿題がますます進まないという悪循環になってしまうということも多いもの。

そんな子供には怒らずにやる気になるような声掛けをしてみましょう。宿題をしない子供への有効な声掛けの方法、お教えします。

スポンサーリンク

いつ宿題する?

宿題しなさいと上から言われるのでは、子供はどうしても面白くありません。やらないからそう言われても仕方がないのですが、子供に宿題をやりなさいと促すためには「いつ宿題する?」と聞いてみるのが一つの手段です。

こう聞かれると子供はいつという時間を答えます。自分で時間を決めることで、その時間になれば自分から宿題を始めることができます。

自分で決めた時間になっても始めない場合にも、もう宿題する時間になってるよという声掛けをすればいいので、スムーズに宿題を始めさせることができるのです。

お母さんもやるからやろう

子供だけに宿題をさせるのではなく、自分も何か一緒に用事を済ませると子供は宿題を嫌がらずに始めることがあります。

家計簿をつけるのでも、書類を書くのでも何でも構いません。「お母さんもやるからやろう」と声掛けをすると、自分ばっかりやらされているという不公平感がなくなるため、すんなりと宿題を始められる効果があります。

スポンサーリンク