おまるはもう卒業!子供のトイレトレーニングの始め方

おまるに座る子供

二歳を過ぎるころからだんだんと気になってくるのが、トイレトレーニングをいつどうやって始めようかということです。おむつを買わなくてよくなると、経済的には楽になりますが、おむつを外す手間を考えると二の足を踏んでしまうもの。

トイレトレーニングはどう始めたらいいのか?上手なトイレトレーニングの始め方、お教えします。個人差はありますが、トイレトレーニングは大変なもの。できるだけママにも子供にもストレスにならないように、楽な気持ちで始めていきましょう。必死になりすぎないことがポイントですよ。

スポンサーリンク

便座に座らせる

トイレトレーニングを始めようと思ったら、まずは便座に座らせることから始めてみましょう。おまるを用意しても構いませんし、トイレに補助便座をつけるのでも構いません。

ポイントはまたがることを嫌なことだと思わせないことです。トイレに対して苦手意識を持ってしまうと、トイレトレーニングは大変なものになってしまいます。またがることができたら、大げさなくらい褒めちぎりましょう。

トイレでおしっこができることはかっこいいことだということを教えてあげるのです。その第一歩は便座に座ることです。まずはゆっくりとそこから始めてみましょう。

かわいい・かっこいいパンツ

子供のトイレへのやる気を促すためには、子供がやる気になるかわいい・かっこいいパンツを用意しましょう。おむつを穿いている子供のパンツへの憧れはものすごく強いものです。

さらに自分の好きなキャラクターがついているパンツだったりすると、なおさら子供のパンツが穿きたい欲は増します。

キャラクターがついているパンツはそうでないものに比べ、少し割高ですが、そこはトイレトレーニングをスムーズに進めるためだと割り切りましょう。

「キャラクターが濡れたら悲しいよ」と言えば効果は抜群!パンツが濡れないように、尿意を教えてくれるようになるでしょう。

暖かくなってきたら

本格的なトイレトレーニングを始めるのは、暖かくなってきてからがオススメです。始めたばかりは失敗続きでパンツを汚してしまうことが多く、パンツを何回も洗濯しなくてはなりません。

スポンサーリンク