距離感が難しいしトラブルもめんどくさい…。ママ友の必要性について

ママ友

『ママ友』と聞くとドラマのイメージからか、どうしても怖いとかややこしいとか面倒くさいとか、さまざまなマイナスイメージが先行してしまいます。でも子供を出産したからには、子供の同級生のママたちと関わらないで過ごすことはできません。

ママ友っていないと困るの?ママ友って必要なの?そんな悩みを持つあなたに、ママ友との付き合い方お教えします。上手にママ友を作って、育児を上手にやっていきましょう。ママ友ってそんなに怖いものではありませんよ。

スポンサーリンク

情報源

ママ友ができるといちばん頼れるのは情報源になるということです。子育てをしているとそれまで暮らしていた町でも、知りたい情報はどんどん増えてきます。

小児科はどこがいいのか?幼稚園はどこがいいのか?こどもを遊ばせるのにオススメの施設はどこか?子供を持たなかった時には知らなかったこういった疑問は、ママ友に聞くことで一気に解消できることです。

同じ学年の子供を持つママ友ができると、進学のタイミングが一緒なので、入園、入学の際に貴重な情報源となり、頼りになること間違いなしです。子育て情報の共有のためにママ友を作ることはオススメです。怖がらずに声をかけてみましょう。

息抜き

子育て中のママには息抜きタイムが必要です。会話もできない子供と過ごす時間は、自分では気づいていなくてもストレスがたまるものです。そこで、同じ子供を持つ母親という立場のママ友ができることで、息抜きをすることができるのです。

子供の成長具合や、旦那の愚痴まで、妻であり母である立場のママ友ならば共感できることがいっぱいです。現状は変えられなくても、話すだけで心は軽くなり、元気が湧いてきますよ。

ママ友という名前だから堅苦しく感じてしまうだけで、環境が同じ人と友達付き合いをするというのはごく自然なことです。自分自身の息抜きのためにも軽い気持ちで、ママ友作ってみましょう。

深入りはしない

ママ友付き合いで注意したいのが深入りはしないということです。もちろん子供を通じて友達になったママ友であっても、何でも話し合える深い友達付き合いができるようになる人もいます。しかし、基本的には深入りはせずに付き合うのがよいでしょう。

スポンサーリンク