友達トラブル?幼児期の友達とのかかわり方

喧嘩する子供

幼児期であっても、家族以外の同年代の子供と関わるようになってくると起こってしまうのが友達トラブルです。

親が子供の喧嘩やトラブルにどこまで口を出すべきかは、非常に悩ましい出来事です。しかし、まだ自分の考えていることを、うまく説明することのできない年齢の子供のトラブル解決を子供だけに任せておいてもいいのでしょうか?

幼児期の子供を持つ親にとって非常に悩ましい問題である、幼児期の友達とのかかわり方ついて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

危険な時以外は子供に解決させる

子供同士でトラブルがあったような場合、それが暴力だったり危険を伴うものでなければ、まずは口を出さずに子供同士で解決させるようにしましょう。

子供同士はトラブルになっても案外気にせずにまた遊びだしたりするものです。はたから見ているとそれでいいのかなと気になってしまうものですが、子供自身が納得していればそれでいいのです。

子供同士で上手く言葉にならなかったりして、助けを求められた場合には、解決の糸口となるようなヒントを出してあげることで、トラブルを解決できるように導けるといいですね。

話を聞いてあげる

お友達とのトラブルがあった場合、一番心の支えになることは、話を聞いてくれる親の存在です。話を聞いてもらうだけですっきりとした気分になれた、という経験は誰にだってあるでしょう。こうした気持ちは子供であっても大人であっても共通のものです。

トラブルがあった場合には、まずは子供の話を聞いてあげること。話を聞いてくれる人がいるということが心の支えになり、トラブルがあったとしてもトラブル解決へと進んでいくことができるでしょう。

子供の話を聞いてあげる時間を作り、信頼できる人がいるという環境を作ってあげましょう。

相手の気持ちを考える

お友達とのトラブルはどうして起きてしまうのでしょう?それは自分と相手との間で思い違いがあるからです。特に小さいうちは自分の気持ち優先で、相手の気持ちを考えるということは苦手です。

スポンサーリンク