趣味や飲み会ばかりで全く父親の自覚がない…。いつになったら出るの?

寝る旦那

女の人は子供を身ごもった時から母親の自覚が芽生え、十月十日ですっかりママになり生まれてくるころには既に母親です。

その一方で、男の人は妊娠中に自分の身体の変化があるわけでもなく、なかなか父親の自覚は芽生えにくいものだと言われています。

生まれてからも子供ができる前と同じような頻度で外出したり、家にいても子供を見ずにゲームをしたり…。イクメンと呼ばれる人がいる中で、まだまだこういう男の人もいるものです。

こういう男の人に父親の自覚を芽生えさせるにはどうしたらいいの?父親の自覚を持たせるための方法、お教えします。

スポンサーリンク

抱っこ紐

パパが一緒にいるときは抱っこをパパの役割にしましょう。抱っこは力のいる仕事ですし、赤ちゃんとも触れ合えて父親の自覚を持たせたい男性にぴったりの仕事です。

抱っこ紐を買う際もパパが使うことを想定し、パパが気に入るデザインのものを選ぶようにするといいですよ。一緒に買いに行ってパパに決めさせるというのもいい手段です。

何事も最初が肝心ですから、お出かけする際の抱っこはパパの仕事最初に決めてしまえば、自然と抱っこしてくれるようになり、そこからパパなのだという自覚が芽生えるでしょう。小さなものを実際に抱くということは、男性の守ってあげたいという気持ちを引き起こすのです。

写メ

子育て期には男性が働き、女性が子育てをするということがまだまだ多い世の中です。女性が仕事を続けるという場合でも、産むことができるのは女性であるということは変わりませんから、女性には産んだ後に子供とべったりで暮らす時間があります。

男性も育休を取得することが増えてきてはいますが、女性のようになかなかべったりと過ごすということは少ないのです。

スポンサーリンク