なんで片付けしないの?子供が片づけをできるようになるおすすめのやり方

散らかった部屋

子供に遊んでいたおもちゃを片付けるように言っても、なかなかいうことを聞いてくれないと悩んでいませんか?このまま放っておくと、将来片付けのできない子供に育ってしまう可能性があります。

それを防ぐためにも、小さいうちから片付けを身につける必要があります。子供が片づけをできるようになる手順について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供に片づけをさせるには子供の特性を利用する

子供に片づけをさせたいのであれば、子供の特性を利用することがおすすめです。子供にとって片付けをどのように認識しているのかによって、片付けができる子供に育つかどうかが決まってきます。

片付け=入れ物に放り投げると覚えてしまったら、片付けができる子供には育ちません。子供が自ら片付けをやりたがるような環境を整えてあげることと、片付けのやり方を教えてあげるということがとても大切です。

子供の特性をたくさん利用しながら、自分から片付けをする子供に変身させてしまいましょう!

子供に片づけをさせる方法1.やってみせて?という

子供に片づけをさせる方法の1つ目は、やって見せて?と言って子供に片づけしたいと思わせることが大切です。子供はやりなさいといわれても、なかなかやらないのは仕方がないことです。

そこで子供の特性を使って、お母さんに見せて?ということで実際に片づけを進んでやるようになります。子供はお母さんから何かを頼まれることが大好きです。自分が大人になったような気分になるので、進んでやりたくなってしまうのです。

そんな子供の特性を利用して、「お母さんやり方わからないから、片付けて見せて?」というだけで、効果抜群なんだそうです。こうして、まずは子供に片づけのやる気を付けさせましょう。

子供に片づけをさせる方法2.ゲーム感覚で練習する

子供に片付けをさせる方法の2つ目は、箱状の物で練習するということです。片付けというのは、今まで遊んでいた物をしまうことが最終目的になります。しかし、最初から片付けと言っても子供はわかりません。

片付けするということがどういうことなのか、そのやり方を教えるためにも前もって練習しておくと良いでしょう。片付けの基本となるのは、箱状の収納ボックスの中に物を入れるということです。

スポンサーリンク