子供をお手伝いする子に育てたい!始める時期ややり方を紹介

お手伝いする子供

子供が生まれると、育児や家事にとても忙しくなりますが、反対に早くお手伝いをするようになって欲しいという気持ちも出てきますよね。

実際にお手伝いをする子供に育てるにはどのようなことをすればいいのでしょうか?お手伝いをする子供を育てるための方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供にお手伝いを意識させる時期

お手伝いをするような子供に育ってほしいと思ったら、まずは子供にお手伝いを意識させる必要があります。子供にお手伝いを意識させる時期としては、言葉が話せるようになって自我が出てくる2歳から3歳頃がおすすめです。

この頃は色々な事に興味が出てきます。母親が家事をしている姿を見るのもとても興味深く観察しています。この好奇心旺盛な時期にお手伝いを意識させることで、これから先もお手伝いをしてくれる子供に近づけることができます。

子供はお手伝いという意識はなく、ほとんどは遊びとしてやってみたいという好奇心が大きいです。この時期にしかないその感情を利用することで、お手伝いを進んでやる子供になっていきます。

子供にお手伝いをさせるためには専用道具が効果的

子供にお手伝いをさせたいと思ったら、まずは準備をしなくてはなりません。子供が積極的にお手伝いをしたいと思える環境を作るために、子供専用のものを準備してあげると良いでしょう。

掃除を手伝って欲しいなら、子供用のぞうきんやほうきを用意してあげると良いでしょう。料理を手伝って欲しいなら危なくない子供用の包丁や、安心して使うことができるピーラーを用意してあげると良いでしょう。

最もおすすめなのは、エプロンです。特に子供が喜びそうな柄が描いてある子供用のエプロンを買ってあげることで、お手伝いするのが楽しみになるはずです。小さい頃からエプロンをつけてお手伝いをするという習慣をつけることで、積極的にお手伝いをするような子供に育っていくはずです。

子供がお手伝いをしたいと思えるコツ

子供がお手伝いを好きになるためのコツは、とにかくお手伝いをして褒めてあげるということが大切です。お手伝いをするということは、自分が助かることはもちろんですが、家族全員のためにもなります。家族のためにお手伝いをしてくれたということに対して、たくさん褒めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク