子供と長距離の新幹線に乗る時の注意点!泣きだしたらどうする?

新幹線

子供と一緒に移動する手段にはいろいろありますが、長距離の新幹線に乗る必要がある時は心配ですよね。子供にとっては1時間でもとても長く感じます。

新幹線で泣きださないために、新幹線に乗る時に注意した方が良いところや実際に泣き出した時の対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供との新幹線移動で泣きださないか不安…

子供と新幹線で長距離移動をしなくてはならないとなると、とても大変ですよね。何が1番心配かというと、子供が泣きださないかどうかということです。子供にとってじっとした状態で何時間もいるということは、とても退屈に感じます。

大人なら1時間程度であれば短いと感じることが多いですが、子供にとってはとても長く感じてしまいます。子供にとって新幹線はとても退屈な場所に感じることがとても多いです。

さらに、新幹線の中で泣き出してしまう理由の1つに、寝たくても寝れないということも考えられます。眠りたいと思っていても、いつもと違う環境で眠れないというデリケートな子供もいます。

だからこそ、子供にとって新幹線に乗るということはリスクが高くなるのです。

子供と新幹線に乗る時は退屈させないことが大切!

子供と一緒に新幹線に乗る場合気をつけたいのは、子供に退屈をさせないことです。子供は、じっとしていることが本当に苦手です。できれば席を離れて走り回りたいくらいになっているはずです。

しかし、それはさすがにできないので、車内でも子供が楽しめるような遊び道具をもっていくことをおすすめします。とはいっても車内には他のお客さんも乗っているので静かにあそぶことができるものである必要があります。

絵本や音がならないおもちゃなど、子供が気に入っていて飽きないと思うものを持たせてあげた方が良いでしょう。

スポンサーリンク