夫婦の危機になる産後クライシスとは?離婚せずに乗り越える解決法

険悪な夫婦

出産後に最初に起こり得る夫婦の危機として産後クライシスが挙げられます。実際に産後クライシスになってしまうと、結婚して2年たたないうちに離婚してしまう可能性も高くなります。

産後クライシスで離婚しないためにも、夫婦でどのようにして乗り越えればいいのか、産後クライシスの対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供を産んだ後に起こる産後クライシスとは?

子供を産んだ後に、最初に起こりうる夫婦の危機が産後クライシスといわれています。産後クライシスとは、簡単にいうと妻が夫に対しての愛情が減るという現象のことを言います。出産前は大好きだった夫でも、出産後には全く愛情が湧いてこなくなってしまうことも考えられます。

産後クライシスになってしまう主な原因は、妻の心の余裕のなさと夫の育児への協力性のなさです。妻は子供を出産してから自分の時間を持てずに忙しい時間を過ごしています。しかし、そんな中で育児に協力してくれない夫の姿を見てしまうと、愛情が少なくなってしまうということです。

夫は子供が生まれても今まで通り仕事にいって自由な時間を少しでも作ることができるというのに、自分は自分の好きなことをやる暇もなく育児に追われる毎日を過ごしている、という夫婦の差に嫌気がさしてしまいます。

産後クライシスになってしまうと、夫婦の仲がぎくしゃくしてしまいがちです。結果として子供が生まれてそれほど立っていないのにも関わらず離婚の話が出てきてしまうこともあります。

念願の赤ちゃんだったとしても、夫婦関係が冷めきってしまう可能性は大いにあります。

産後クライシスの乗り越え方1.正直な気持ちを話す

産後クライシスを夫婦で乗り越える方法の1つは、正直な気持ちを夫に話すということです。産後クライシスを乗り越えるためにはこれが最も大切です。産後クライシスになってしまうと、どうしても夫婦のコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

スポンサーリンク