子供のイヤイヤによくあるエピソード4つ!

癇癪を起す子供

可愛い我が子の一番最初に訪れる反抗期を、イヤイヤ期と言います。そのピークは2歳の頃が一般的と言われていて、イヤイヤ期になると手が付けられない子供に親はぐったりしてしまうものです。しかし、それも成長に必要な過程です。

4歳頃になると大体の子供が落ち着いてくるので、親はその大変な時期を乗り越えなければなりません。そこで、イヤイヤ期によくある子供とのエピソードを4つご紹介します。

自分だけじゃないんだと思うことで救われることもあるので、励みになるエピソードと言えるので是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

外出先でぐずって楽しいお出かけが台無しになり、早々と帰宅する羽目に

イヤイヤ期の子供にされて最も困るのが、外出先でのぐずりです。外出先で一度ぐずり出して手が付けられない状態になると、止むを得ず帰宅する羽目になることもしばしばありますよね。

外食などの際にぐずり、店内に泣き声が響き渡るようなことがあると親としては周りに気を使ってしまうのは当然のこと。

周りのお客さんに頭を下げながら帰るなどといったエピソードはイヤイヤ期の子供がいる家庭では珍しくないエピソードと言えます。

イヤイヤ期のお出かけは非常に大変なので、機嫌に左右されてしまうことは避けられないことなので、忍耐が必要です。

お友達に乱暴なことをする!

イヤイヤ期の子供は、とにかく目が離せません。お友達と仲良く遊ぶこともなかなか出来ないので、お友達と遊ばせる際にはトラブルは付き物です。

おもちゃの取り合いなどから喧嘩になり、叩いたり噛み付いたりする子供もいます。

友達に怪我をさせてしまわないためにも、親が常に気を付けて見ている必要がありますし、叩いたりした際には叱って教えなければならないのでお友達と遊ばせるだけでも親はかなり疲れてしまいます。

そのためイヤイヤ期の子供を連れて出かけることに疲れたら、無理せず家でゆっくり過ごすのもだいじなことと言えます。

せっかく作ったご飯をぐちゃぐちゃにする!

イヤイヤ期の子供はご飯の時間にぐずり出すと食べることを嫌がることもあります。ご飯をぐちゃぐちゃにしたり、ひっくり返したりすることも日常茶飯事。

スポンサーリンク