家庭によって異なる子供が産まれてから仕事復帰をするタイミングと、それぞれのメリット、デメリットとは?

子供とママ

妊娠、出産を機にお仕事を離れた方。仕事に復帰するタイミングは一般的にいつ頃考えるべきか、気になっていませんか?

子育て中のお母さんの仕事復帰は家庭によってタイミングが異なるため、一丸におすすめは出来ませんが、それぞれのタイミングにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで、子供が産まれてから仕事復帰をするタイミングとそれぞれのメリット、デメリットをご紹介します!

スポンサーリンク

産後6週間後の最短での仕事復帰

産後仕事復帰をするには最短でも6週間の産休が必要となります。そのため産休明けに育児休暇を取らずにすぐに仕事復帰をする方もいます。

最短で仕事復帰をするメリットとは、収入が減る期間が少なく済むということです。子供が産まれると家族が増えることでその分出費も増えます。そして子供が大きくなった時のためにいくらでも貯金をしなければなりません。

そのため収入が減る期間が少なく済むことで生活が潤うだけではなく、子供のために早いうちから貯金をすることが出来るというメリットがあります。

育児休暇の利用で一年後に仕事復帰

育児休暇は一年間の休暇が一般的です。子供が一歳になるまでの間の休暇を取ることを希望する方は非常に多いのですが、それには大きなデメリットが存在します。それは保育園が見つかりにくいという問題です。

再就職率が最も高いのが子供が一歳~二歳の頃で、保育園に空きがないため仕事復帰が遅れるといったケースが増加傾向にあります。

そうした待機児童問題が近年話題になっているので、この時期の仕事復帰には非常に苦労することを想定した上で対策を考える必要があると言えます。

企業によっては育児休暇を最長3年まで延長することが可能です

待機児童問題などにより仕事復帰が遅れてしまった場合、企業によっては育児休暇を最長3年まで延長することが出来ます。

スポンサーリンク