泣くし暴れる!予防接種を乗り越えるには?子供の注射嫌いの克服法

注射に泣く子供

注射が嫌い!という人は、子供だけでなく大人にもたくさんいますよね。大人でも苦手意識を持っている人が多いというのに、小さい子供にとって注射が恐怖に感じるのは仕方がないことですよね。

注射が嫌いだという子供の気持ちを少しでも和らげるにはどうすればいいのでしょうか?注射嫌いな子供の乗り越え方について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供に注射をすることは前もって言うべき?

子供に「注射しに行くよ」と伝えるのは、どうしても心苦しいという人もいるのではないでしょうか?さらに、前もって注射することを伝えてしまうと、嫌がって病院に行きたがらずに大変なことになってしまうから内緒で行くようにしているという人もいると思います。

注射に行くことを内緒にしてしまうのはNGです。これは本当にトラウマになりやすいのでやめましょう。何も知らずに突然恐怖の空間に入れられることで、より恐怖心は増してしまいます。

そして、それからはどこか行くとなると、また注射に連れていかれるのではないかと不安になってしまいます。子供の気持ちを考えるのならば、絶対に黙っていくことはしないようにしましょう。

注射嫌いの乗り越え方1.注射を理解させる

注射嫌いな子供の乗り越える方法として、きちんと注射について理解させるということが大切です。子供にとって注射というのは痛い以外の何物でもありません。しかし、注射を打つということには意味があります。

注射を打つからこそ元気でいられる、大きくなれるということをしっかりと伝えましょう。「お母さんも小さい頃に注射を打ったからこうして元気でいられるんだよ」というように、具体的に話してあげる方が理解しやすいです。

注射を怖がらなくなるというわけではないですが、嫌でも注射はしなくてはならないものだということを理解しようとするはずです。

注射嫌いの乗り越え方2.終わったらご褒美をあげる

注射嫌いの乗り越え方の2つ目は、終わったらご褒美をあげるということです。病院で注射の後に飴玉をご褒美としてあげているようなところもありますよね。子供はご褒美があることによって、嫌でも頑張ろうと思うことができます。

スポンサーリンク