子供が勉強嫌いで困る…。苦手意識をなくす方法は?

勉強する子供

大切に育ててきたつもりでも、勉強の好き嫌いだけではどうにもできないと悩んでいる方はいませんか?親を持つ子供なら、勉強をどうにかして好きになって欲しいと思うものです。

子供が勉強を嫌いになる理由や子供の勉強に対する苦手意識をなくす方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

どうして子供は勉強を嫌いになるの?

子供のうちに勉強が嫌いになってしまうと、大きくなっても勉強が嫌いなままになります。勉強をしなくてもよい場所で生活する道を選んでいくことでしょう。

勉強がすべてではないですが、子供の将来の可能性を広げてあげるという意味で勉強はとても大切です。子供はいつどのタイミングで勉強が嫌いになってしまうのでしょうか?

実は勉強が嫌いになってしまうのは、勉強は面倒なものだということを無意識に植え付けてしまっている親の責任が多いのです。子供が勉強嫌いだと悩んでいる親は、自分も勉強があまり好きではなかったりしませんか?

勉強に対する苦手意識は遺伝します。自分が勉強はつまらないことで難しいことだと思っていると、無意識に子供にもそう伝わってしまうのです。

こうして1度植え付けられた勉強に対する苦手意識は日に日に増していき、結果として勉強嫌いの子供になってしまうということなのです。

子供の勉強嫌いを克服する方法1.勉強のハードルを下げる

子供の勉強嫌いを克服するための方法の1つ目は、勉強に対するハードルを下げるように努力するということです。

親が勉強に対して苦手意識を持っていると子供もその意識を感じ取ってしまいます。勉強のハードルをさげるためには、まずは楽しい空間で行うということが大切です。

スポンサーリンク