兄弟同士の喧嘩が絶えない…。どちらも傷つけずに対処するには

兄弟喧嘩

兄弟のいる子供を育てている人なら、兄弟喧嘩で暴れている姿をみるのもたくさんあるのではないでしょうか?どうしても兄弟だと、喧嘩が絶えなくなってしまいますよね。

兄弟同士で喧嘩をしている時には、どう対処すればいいのでしょうか?どちらの子供も傷つけることなくその場をおさめるための対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

なぜ兄弟同士は喧嘩が多いの?

なぜ兄弟同士は喧嘩が多くなるのか知っていますか?特に年の近い兄弟は喧嘩の頻度が多くなると思います。これは、脳の発達スピードがあまり変わらないせいです。子供同士の喧嘩は、大人からみるとくだらない小さなことで勃発することがほとんどですよね。

なぜ子供がそんな小さなことで喧嘩をするかというと、善し悪しを判断したり相手の気持ちを考えたりする能力がまだ備わっていないからです。

だからこそ、平気で相手を傷つけるようなことをしたり、相手のテリトリーに入り込んだりしてしまうのです。年が近い兄弟ならなおさら、お互いが発達していない状況なので、どうしても喧嘩になりやすいです。

子供同士の喧嘩には親は口を出すべき?

子供同士の喧嘩を見ていると、早めに口をだしてしまうお母さんも多いのではないでしょうか?兄弟同士の喧嘩は、手を出して危険だったり、どちらかが泣きだしたりするまではそっと見守っておくのが良いでしょう。

きっとどちらかが泣くような状況に陥ったら、どちらかがママにSOSを送ってくるはずです。そしたら助け舟を出してあげましょう。この時に大切なのは、どちらの味方もしないということです。

何があったのか聞くのはどちらも、両方から聞き出しましょう。何となく事の流れがわかったとしても、どちらがわるいと決めつけないことが重要になります。子供はこういう時に我慢させられたり、抑制させられたりすることで心に傷を負ってしまいます。

スポンサーリンク