子供がどうしても寝てくれない!寝かしつけの方法4選!

寝ない子供

育児の忙しい母親にとって、家事や自分のことに費やせる時間といえば子供が寝てからです。しかし、やることが一杯ある時に限って子供がなかなか寝てくれないような時ってありますよね。

子供がスムーズに寝かしつけるためのおすすめの方法を紹介します。自分に合った寝かしつけのコツを見つけてみてください。

スポンサーリンク

子供の寝かしつけの方法1.思いっきり遊ばせる

子供の寝かしつけの方法の1つ目は、思いっきり遊ばせてから寝かせるということです。子供が寝たくない、眠くないと思う理由の1つは、まだ遊びたい眠くないという気持ちがあるからです。

子供は100%全力で遊んで燃え尽きたかのように寝てしまう生き物です。夜どうしても眠れなそうなときは、寝る前も思う存分遊ばせましょう。いったん布団に入ってダメなら、いったん布団から出て好きに遊ばせる方法も有効です。

体を全力で使うような遊びをすれば、魔法にかかったかのようにぐっすりと眠ってくれるはずですよ。

子供の寝かしつけの方法2.寝る前のルーティーンを作る

子供の寝かしつけの方法の2つ目は、寝る前のルーティーンを作るということです。寝る前の行動を決めることによって、それをしたら眠らなくてはいけないという一種の暗示をかけるような方法になります。

毎日で着るようなことであれば何でもいいですが、リラックスできるような音楽をかけたり、子守唄を歌ったり、本を読んであげたりなど、なんでもいいので毎回やる何かを決めると良いでしょう。

子供はどんなに眠くなくても、それをしたら眠りにつくものだと思い込みます。寝かせる相手が母親でも父親でもできるようなことを、ルーティーンとして取り入れてみると良いでしょう。

子供の寝かしつけの方法3.安眠グッズを作る

子供の寝かしつけの方法の3つ目は、安眠できるためのグッズを作るということです。子供は持っているだけ安心できるようなグッズが手元にあることで、スムーズに眠りにつくことができます。

スポンサーリンク