離乳食の食器の熱湯消毒はいつまで必要?大人の食器やスポンジと分ける?煮沸消毒の方法は?

赤ちゃんの食器

生後5~6か月になると離乳食が始まりますが、赤ちゃんの食器の消毒はいつまでするものなのでしょうか。赤ちゃんの成長と共に離乳食づくりや、誤飲やケガを防ぐための部屋づくり、赤ちゃんが起きている時間の過ごし方など、ママはやることが増えていきます。

そんな中で食器の消毒にも気を配らないといけない…となると負担に感じてしまうこともありますよね。今回は離乳食の食器の消毒のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもなぜ消毒が必要なの?

産まれたばかりの赤ちゃんは免疫力・抵抗力が弱く、細菌感染などを起こすと重症化する恐れがあります。成長と共に強くなっていきますが、生後3か月くらいまでは注意が必要です。

そのため哺乳瓶や乳首を消毒したり、大人はこまめに手を洗ったりすることが大切になります。生後1カ月くらいは母親の免疫が残っていると言われていますが、それも徐々に弱まります。

赤ちゃんが小さいうちは外出を控えた方がよいのも感染を防ぐためです。この時期は赤ちゃんが口に触れるものは消毒した方が安全と言えるでしょう。

赤ちゃんは何でも「口」で確認する

離乳食が始まる頃の赤ちゃんは、少しずつ自分で動けるようになり、手に触れるあらゆるものを口に入れてしまいます。何でも口に入れる行動は本能的なものであり、大人が手で確認するのと同じように赤ちゃんは「口」で確認しています。

同時に、いろんな菌に触れて免疫力を付けていく時期とも言えます。筆者の場合、娘が自分の手をなめたりオモチャを舐めるのはまだしも、しまいにはスリッパや網戸をなめているのを見て、焦りと不安、諦めのまじった複雑な気持ちになったものです。

いくら免疫力をつけるためとは言え、大人がみても汚いものを舐めている…!というのは受け入れがたい光景であり、こうなってくるともはや食器の消毒どころではなく掃除が追い付かない…というのが正直なところでした。

離乳食の食器は消毒の必要なし?

一般的には離乳食が始まるころから消毒は必要ないと言われています。と言うのも、生後4か月ごろから赤ちゃんの免疫力や抵抗力が上がっていくのでそれほど消毒に神経質になる必要はないようです。

また、よだれが増えてくる時期でもあるので、汚れも流れやすくなっていきます。先に述べたように、赤ちゃんは「口」を使って確認しながら免疫力をつけていく時期でもあります。

食器の消毒よりも、洗い物をためずにすぐ洗う、きちんと洗剤をすすぐ、よく乾かす…などの基本的なことに気をつけましょう。

こわいのは食中毒

食器の消毒については基本的に離乳食がはじまるころから必要なくなってきますが、注意すべきは食中毒になります。

スポンサーリンク