顔も体もカサカサ…。冬の大敵!子供の肌の乾燥対策術

乾燥した子供の手

子供は大人以上に乾燥に敏感なのをご存知でしょうか?中には個人差はありますが、季節関係なくずっと肌が乾燥している子もいます。

カサカサの皮膚をかきむしると、見ている方が辛くなるくらい赤く腫れてしまい病院に行くことになってしまいます。そこで今日は「子供の乾燥肌に対する対策術」をいくつかご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

子供が乾燥肌になりやすい原因

子供の肌は大人の肌に比べてとても薄く、そのうえ水分量が多いので言うなら「守りは薄いのに逃げていく水分は多い」のです。そして子供の肌には、大人のように外敵から肌を守れるほど角質層が分厚くできていません。

そして皮脂量も少ないのでカサカサ肌になり、子供は肌にかゆみを感じてしまいます。そういった子供ならではの肌の弱さのせいで乾燥肌になりやすく、皮膚炎にもかかりやすいので親御さんはお子さんの肌に関するトラブルに敏感になるのです。

乾燥肌を招くNG行動

乾燥肌を招くポイントは「肌に悪い」「水分を飛ばしすぎてしまう」など様々です。そもそも、人間には自分の肌を守ろうとコーティングする成分があり、その成分まで一緒に洗い流してしまうと乾燥肌になってしまいます。

「熱すぎるお湯で体を洗う」と子供の皮膚の水分まで一緒に飛んでしまうので注意です。また「ボディソープが子供の肌に悪影響」になっている可能性があるので、乾燥肌用のボディーソープを使ってみてください。

また、「化学繊維のタオルで拭く」と肌の水分が余計に飛んでしまうので、肌に傷をつけないように優しく拭きましょう。

気を付けたいお風呂での体の洗い方

子供が乾燥肌にならないためにも、お風呂には気を使いたいですよね。まずは、先ほども言った通り「熱すぎるお湯は使わないよう」にしましょう。

夏は36~7度、冬は40度までに設定して余計な水分を飛ばさないようにしてください。体を洗う際には、手や絹のタオルなどで泡を作り撫でるように洗ってください。

スポンサーリンク