授乳中のお母さんが食事で気を付けるポイント!

授乳

赤ちゃんにとって「母乳」は大切な栄養源です。母乳は消化に良い食べ物として赤ちゃんの成長を促す大切な役目を担っています。また、授乳は赤ちゃんとの大切なコミュニケーションの場としても重要視されています。

お母さんの食べた物が赤ちゃんに行ってしまうため、授乳中のお母さんは食べてはいけないものがあるのをご存知でしょうか?お母さんが食べてはいけないものや食べるのをおすすめする食材をご紹介します♪

スポンサーリンク

NGな飲み物「アルコール」

授乳中のお母さんは「アルコール類」は飲まないようにしましょう。アルコールを接種してしまうと、母乳の分泌量が少なくなる他、母乳内にもアルコールが回ってしまいます。

そしてお母さんの血液内のアルコール濃度と同じ濃度のアルコールが赤ちゃんに渡ってしまうので赤ちゃんはぐったりしたり、身体に影響が出てしまうかもしれません。

酷い場合には赤ちゃんが「急性アルコール中毒」になってしまいます。もしもアルコールを接種してしまった場合は、完全にアルコールが抜けるまで授乳は控えてください。

脂っこい物、臭いのきつい物

授乳中はなるべく「脂っこくて臭いのきつい物」は避けましょう。脂っこい物(ファストフードや菓子パンなど)はお母さんの血液をドロドロにしてしまい母乳に影響が出てしまいます。

赤ちゃんも調子の悪い母乳をたくさん飲みたいとは思いません。また臭いのきつい物も同様に母乳に臭いがついてしまい、赤ちゃんが飲む時に嫌がってしまう可能性があります。

ニンニクなどの臭いのきつい食べ物は出来るだけ控えた方が、赤ちゃんが飲みやすい母乳を作ることができます。

カフェインの入った物

アルコールのように移行率は高くありませんが、カフェインを摂取したお母さんから授乳をした赤ちゃんが寝つきが悪くなったりぐずったりしてしまう可能性があります。

朝のコーヒーや紅茶を大量に飲むという方は授乳中は出来るだけ別の物に置き換えてみましょう。ですが授乳中は普段よりも、水分を必要とします。

スポンサーリンク