育ち方に影響する!子供に絶対に言ってはいけない言葉

子供を叱る親

子育てをしていると、何気なく子供にかけている言葉で子供を傷つけてしまっているケースもあります。子供にかけた言葉は、どれくらい子供の心に影響しているのでしょうか?

子供に使ってはいけない言葉について、詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

親が子供にかける言葉の影響

親が子供に何気なくかけている言葉の中に、子供達を傷つけてしまっているものもあります。親は何の気なしに話していても、子供によって感じ方は変わってきます。子供は本当に健気で、親に嫌われたくないと心の底から思っています。

だからこそ、子供は親がかける言葉に敏感です。親の言葉は子供の自尊心を傷つけ、トラウマになってしまうケースがとても多いです。小さい頃親がいつもふざけて「かわいくない」と言っていた言葉のせいで、自分は可愛くないと思い込んでしまうこともあります。

小さなことは積み重ねていくことでトラウマに変身するとても恐ろしいものです。小さい頃のトラウマが原因で、将来精神障害に悩まされてしまうこともあります。

子供に言ってはいけない言葉1.自尊心を傷つける言葉

子供に言ってはいけない言葉の1つ目は、自尊心を傷つけてしまうような言葉です。小さい頃はまだ自尊心というものが確立されていません。

しかし、自分を否定的にとらえるような言葉をたくさん書けることによって、自信のない子供に育ってしまいます。

例えば、兄弟と比べたりふざけて欠点を否定したり、馬鹿や出来損ないといった言葉です。子供は親に認められて初めて自分のことを好きになります。

スポンサーリンク