子供が泣き止まない時は?すぐに試せる対処法

泣く子供

子育てをしていると、子供がどうしても泣き止まなくてどうしたらいいのかわからなくなってしまう時ってありませんか?

そんな時、みんなはどうやって子供を泣き止ませているのか気になりますよね。実際に実践して効果があったとされる子供が泣き止まない時に試したい方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

子供を泣き止ませる方法1.ビニール袋の音を聞かせる

子供を泣き止ませる方法の1つ目は、ビニール袋の音を聞かせるということです。子供がどうしても泣きやまない時は、なるべく安心させてあげるということが大切です。

なぜビニール袋の音を聞かせることが効果的なのかというと、ビニール袋の音はお母さんのおなかの中の音と似ているからなのだそうです。

子供は不安を感じて泣き出してしまうこともあるので、お腹の中と同じような環境を作ることによって泣き止んでくれることがあります。また、抱っこしながらお母さんの心臓の音を聞かせてあげるのも同じような効果を発揮するとされています。

子供を泣き止ませる方法2.場所を変えてみる

子供を泣き止ませる方法の2つ目は、場所を変えてみるということです。もしかしたら環境が気に入らずに泣いている可能性もあります。

とくに新幹線や飛行機などの閉鎖された空間で長期間じっとしていなくてはいけないということを苦痛に感じてしまう子供もいます。

その時は、他の場所に連れて行ってあげることで落ち着く可能性もあります。自分の家で泣き止まない時でも、外に出てみたり、他の部屋に行ってあげたりすることで子供の機嫌が直ることもあります。

子供を泣き止ませる方法3.おんぶする

子供を泣き止ませる方法の3つ目は、おんぶをしてあげるということです。子供をあやす時はほとんどの人が抱っこではないかと思います。

抱っこは抱っこ紐なしで簡単にできるので楽だと考えている人も多いですが、泣き止まない時はおんぶをしてあげることによって泣き止む確率がとても高くなります。

スポンサーリンク