初めての出産準備!出産を経験した私が本当に必要だと思った物はコレ!

妊婦

出産準備って楽しいものの、なかなか手間取りますよね…。私は初産だったので何を揃えるべきなのか、それがどれくらい必要なのか、ネットで一生懸命に調べたり経験者に意見を仰いだり。

ああでもないこうでもない、と日々を過ごしました。笑

そんなこんなで無事に出産を終えたのですが、出産を経験した私が買っておいてよかった!と痛感した物を書き出していきます。出産準備に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

肌着、洋服は大量に

出産準備でテンションが上がるのは、やっぱり子ども服ですよねー!私も数件お店を回りましたが、どれもこれも可愛いこと!

親の欲を満たそうと揃え出したら、お金がいくらあっても足りないな…と思いました。

私は2月の末が予定日だったのですが、冬服を揃えてもすぐ着れなくなりそうだし、少しでも節約したいという思いで、肌着も洋服も3枚ずつしか用意しませんでした。

ですが、今ならハッキリと断言できます。肌着も洋服も3枚しかないなんて超無謀!!!!!経験者ならわかるはず。ミルクの吐き戻し、おむつ漏れ、1日に3回着替えさせることもしばしば…。

私は何故たったの3枚きりで大丈夫だと思ったのだろう。反省しました。笑

実兄が肌着やらロンパースやら、お古を大量に持ってきてくれたので難を逃れましたが、着るものは大量にあったほうが無難ですよー!

めちゃくちゃ重宝している電気ケトル

入院中に授乳の練習をするのですが、私は自分の予想を裏切り、母乳が全く出ませんでした。私のイメージでは、出産したら勝手にお乳が出てくるものだと思っていたんです。

いやー、甘かった…。退院の前になんとか乳腺が少し開通したものの、母乳だけで賄うには程遠く、ミルクとの混合を余儀なくされました。

完全母乳じゃないと!とは思っていないので、混合になるのはいいのですが、ミルクを作る際に重宝するのが電気ケトルです!ケトルをお持ちでない方は、電気ポットでもいいかと思います。

退院後の新生児は、まだ1回のミルクの量が50〜60ccと、少量しか飲めません。「これ、やかんとかでチマチマお湯沸かすのマジで面倒くさいな」「電気ケトルあってよかったー!」ミルクを作るたびに、こう痛感しています。

赤ちゃん用の爪切りとピンセット

私は赤ちゃん用の爪切りの重要性をあまり感じていなかったので、オムツやおしりふきを薬局で購入する際、「まあいつかは使うんだし揃えておこう〜」くらいの軽い気持ちで、爪切り、爪やすり、ピンセットのセットを購入しました。

出産後、次の日から母子同室であったため我が子を迎えに行ってみたら、まあ顔が引っかき傷だらけで驚きました!笑

我が子も引っ掻きたくてやっているわけじゃないんですけど、新生児は手の存在とか顔の位置とか、まだ何も分からずにバタバタと動いている間に顔を引っ掻いちゃうんですよね。

入院中は、助産師さんがこまめに爪を切ってくれていたので良かったのですが、退院したその日から自分で我が子の爪を切る羽目に…。爪切り買っておいてよかったー!と電気ケトルと同様に痛感しましたね。

さらに赤ちゃん用のピンセットですが、これがまた使えるんです。私は奥の方に詰まっている鼻くそをとる時に使っていますが、ピンセットの先が丸くなっていますから、安心して使えますよ!

母乳はよく出るけど哺乳瓶やミルクは必要なの?

産後すぐに母乳が大量に出る人もいます。そうなると、「ミルクや哺乳瓶は必要ないかな?」と考える人も多いかと思いますが、先述した通り、新生児は1回にたくさんの量を飲むことができません。お乳を吸ってくれないとなると、心配なのは乳腺炎です。

溜まってしまった分は搾乳をすることになりますが、産後の初乳は栄養がたっぷり入っているので、哺乳瓶に搾乳して、それを赤ちゃんに飲ませてあげることが望ましいです。哺乳瓶は用意しておくといいかもしれませんね。

ミルクに関しては、夜眠たくても母乳だけでやっていくぞ!という方は必要ないかもしれません。私はというと、夜眠たすぎて母乳をあげている最中に我が子を抱えたまま、かくん!と倒れそうになることが多々あり…。危ないので、ミルクだけにしている時もあります。

こればっかりは人それぞれですね。自分にあった生活スタイルを探ってみてください!

スポンサーリンク