頑張りすぎなママ・パパへ!プレッシャー感じない子育ての力の育て方

ママと子供達

私たちのかわいい赤ちゃんにはたくさんの愛情を注いであげたい。親になったならそうに思うものです。そんなママやパパたちは頑張りすぎていませんか?

頑張りすぎて疲れてしまうと赤ちゃんは言葉に出来ないけれど心配してくれています。そんなママとパパへのメッセージです。

スポンサーリンク

「いいかげん」はちょうどいい‘加減’

赤ちゃんにとってのベストをつくしてきちんとやる。育児はもちろん家事だってちゃんとする。それはとてもすばらしい事です。

でも、あまり完璧を目指してしまうのはイライラのもとになってしまうことだってあります。思い通りにならないのが子育てなのです。

「まぁ、いいか」、「しかたないなぁ」そんな気持ちで子育てや、家事をすることだってたまには大切なことなのです。「いいかげん」は‘良い加減’。たまには肩の力を抜いていきましょう。

「しなくてはいけないこと」なんて思わないで

これをしなてくはいけない、あれをしなくては、と子供のお世話に追いかけられてはいませんか?子育てがときどき苦痛になるのは、いつも「何かしてあげなくてはならない」と考えてしかうからなのかもしれません。

こんなことをしたら赤ちゃんが笑ってくれた。声を出したら喜んでくれた。それを見たらまた楽しくなった。だからやってみよう!それでいいのです。

やってほしいことは子供が教えてくれます。すぐに出来ないときは、「ちょっとまってね」と一言声をかけてまってもらいましょう。

いつも一方的に何かをしてあげるばかりではなく、時には我慢してもらうのも子育てでは大切なこと。それが一緒に生活をするということなのです。

自分の子育てに自信を

自分の親や義理の両親に子育てのノウハウを聞くにつれてなにがなんだか分からなくなってきてしまうことがあります。そして、そんな言葉に傷つき子育てに不安をもつ時だってあります。

スポンサーリンク