年子だと赤ちゃん返りが心配?大丈夫!お腹にいる時からお兄ちゃんお姉ちゃんのシミュレーション

妊婦と子供

年子や、上の子との年齢にあまり差がない時に赤ちゃんが生まれる予定だと、赤ちゃん返りが心配だったりしませんか?

生まれたばかりの赤ちゃんはもちろん、手のかかることばかりなので、今までパパ、ママの愛情を独り占めだったお兄ちゃんやお姉ちゃんからすれば、自分に向けてもらえれ時間が少なくなって、寂しい気持ちになるのも分かりますよね。

でも、そんな心配はいりません。赤ちゃんも大事な家族の一員であり、お兄ちゃんお姉ちゃんも赤ちゃんに負けず劣らず大切だということを、心から伝えてあげるのです。

スポンサーリンク

お腹にいる時からお兄ちゃん(お姉ちゃん)に会いたがってるよと伝えてあげる

赤ちゃんがママのお腹に出来て、だんだんお腹が大きくなってくるにつれて、ママは上のお子さんと今までのように公園で走ったり、毎日お散歩に行ったりはできなくなってしまいます。

妊娠後期には大好きな抱っこも、存分にはできないこともあるでしょう。そんな時は、赤ちゃんの絵本を読んであげて、○○ちゃんもこうやってママのお腹の中から生まれてきたんだよー、今も○○ちゃんの弟(妹)がお腹にいて、ママがたくさん動くと赤ちゃんも疲れちゃうから、少し休ませてね、などとお話ししてあげるのです。

そして、赤ちゃんも早く○○ちゃんに会いたいって言ってるよー!と、赤ちゃんがお兄ちゃんやお姉ちゃんに会うのを楽しみにしてることを伝えてあげます。

始めは分からなくても、自分に兄弟ができることを少しずつ理解してくれます。まだ、言葉があまり伝わらない年齢なら、やはり絵本などで説明してあげると、分かりやすいですよ。

赤ちゃんが生まれてもママやパパはあなたが大好きよと伝えてあげる

赤ちゃんが生まれてくる時期が近づいてくると、ママやパパは出産準備に追われます。ママがいない間の家の段取り、パパが休みが取れない時の託児所や保育園の手配、おじいちゃんやおばあちゃんへの連絡の配慮、などなど普段よりバタバタすると思います。

そんな時も、赤ちゃんが生まれてきて、ママやパパはお世話をしたり、おっぱいをあげたり、赤ちゃんに付きっきりにはなるけど、○○ちゃんが大好きで、大切に思っているよ、と伝えてあげてください。

スポンサーリンク