しつけは?遊びは?2歳児あるある

女の子

二歳にもなると、色々なことができるようになりますよね。ママー、パパー、マンマちょうだい、など喃語が少しずつ言葉になってくる時期でもあります。

そうなると、今まで以上に可愛く感じる時ですね。この時期はパパやママの真似や、色んなことがしたい年頃です。出来ることも、出来ないことも温かく見守ってあげましょう。

スポンサーリンク

なんでもイヤイヤ期

この時期は、何を言ってもイヤ!という時期でもあります。ご飯を食べようね、お片付けをしようね、歯磨きしてネンネしようね、など、毎日の習慣の事でもイヤイヤです。

そんな時には、今は嫌なんだねー、じゃ先にママにご飯食べさせてくれるかなー?とか、○○ちゃんと一緒に歯磨きしたいなー、など、イヤイヤいっていることを怒るのではなく、一緒にしてあげるといいでしょう。

大好きなママが一緒にしてくれるなら、嫌な気はしないですよ。それでもダメな場合は、とりあえず抱っこして落ち着かせてあげてください。抱っことは魔法のようなすごい力があるのです。

一人で絵本を読みたがる

子供は絵本が大好きです。寝る前にお子さんに絵本を読んでから寝かしつけているご家庭も多いかと思います。

小さい時から本を見たり、読んであげたりすることは想像力がアップしたり、言葉を早く覚えたりといいことしかありません。そんなママやパパをお子さんはしっかり見ています。

二歳くらいになると、絵本を持ってあーだうーだいいながら、自分なりに本を読み始めます。もう少し小さい時は、まだページをめくるだけだったり、本をおもちゃにして遊んでいた子供が、自分の手で本を開き、読むのです。

なんて愛らしいのでしょう。その時は、例え本を逆さまに持って読んでいても!上手だねーと褒めてあげてくださいね。

一人でお着替え

毎日、パパやママがお着替えを手伝ってあげていると、今度は一人で脱いだり着たりをしたがり始めます。この頃の年齢の子は、なんでもやってみる!なんて、チャレンジ精神が強いのでしょう。

スポンサーリンク