時間が過ぎるのは早い…。子供の成長に寂しさを感じる瞬間と対処法

淋しそうな女

子供の成長は嬉しいですが同時に寂しくも感じますよね。ちょっと前までは一人で何もできなかった我が子が一人で何でもできるようになった。

そんな誇らしげな姿を見ながら、自分の元からドンドンと離れていく子供に置いて行かれるような不安を感じているそこのママ。今回はそんな子供の成長に寂しさを感じた瞬間と対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

保育園や幼稚園に進んでいくようになる

通いだした当時はママと離れたくない!とイヤイヤ言っていた子供が自分自ら保育園に行くようになった姿を見ると、みんなに馴染めたのかとホッとするのと同時に、どこか寂しく思えてしまいますよね。

さらに自分の知らないところで園のお友達ができたり、遊ぶ約束をしてきたりすると余計に寂しくなるのではないでしょうか?そんな、子供が自分の元から離れてコミュニティーを築きだすことに取り残されたような気持になるのが原因かもしれません。

しかし、子供が自分でコミュニティーを築き家以外に自分の場所を築くのはとても素晴らしいことです。そんな子供の成長を喜んであげるのと同時に、少し手が離れたこの機会にママ自身も自分の時間を持つようにしてみてはいかがでしょう?

例えば子供がほかの子供と遊んでいる時間に、一人で買い物をしてみる、たまっていた映画やドラマをゆっくり見る、子供に手がかかってやめていた趣味を再開してもいいでしょう。

せっかくここまで子育てを頑張ったのですから、少しずつ自分の時間を持つように意識してみましょう。きっと寂しい気持ちはすぐになくなりますよ。

なんでも自分でできるようになる

着替え、身支度、歯磨き、食事、トイレ。つい最近まで、ママが手を貸さないとできなかったことが、何でも自分一人でできるようになった子供に対して嬉しく思う反面、手が空いてしまったことに複雑な気持ちになっているのではないでしょうか?

スポンサーリンク