子供を抱きしめよう!抱きしめることで得られる効果

子供を抱きしめる母

子供がいうことを聞かない、いたずらばかりする、口答えをする。そんな子育てあるあるにイライラした毎日を送っている方、最近子供を抱きしめてあげていますか?

子供がなかなかいうことを聞かない、わがままばかりいう、反抗ばかりするというのは、もしかしたら愛情不足が原因かもしれません。

もちろん子供を愛している親がほとんどでしょうが、その愛情が子供に上手に伝わっていないことで、何とか親に注目してもらいたい、かまってもらいたいという気持ちから聞き分けのない行動を繰り返しているのかもしれません。

そんな方に実行して頂きたいのが抱きしめるという愛情表現です。今回は抱きしめることで得られる効果をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

安心感を与えられる

子供にとって母親のぬくもりや、匂いを感じることは安心感につながります。何か不安に思っている時や、寂しいと感じるときに抱っこをせがんでくるのはそうした温もりや母親の匂いをより近くで感じて安心したいという心理からくる行動なのです。

子供に安心感を与えるということは、言い換えれば親の愛を一身に受けられるということです。そこで考えてほしいのは、子供がわがままを言ったり、いうことを聞かないのは、親の愛情を確かめたい、親に愛されているのか不安だという感情からきているかもしれないということです。

普段の生活の中では、いちいち子供に愛しいてる、大切だよ、大好きだよと言葉で伝えませんし、仮に毎日言葉で伝えていたとしても、言葉だけでは本当に愛してくれているのか子供にとっては不安になってしまうのです。

そこで普段から子供にせがまれなくてもしっかりと抱きしめることで安心感を与えて愛を伝えることができるのです。子供がいうことを聞かないと悩んでいるママは、意識をして普段から子供を抱きしめて安心感を与えてあげるようにしてはいかがでしょう。

落ち着かせることができる

子育てをしている中で困ってしまうのが、子供の癇癪ではないでしょうか?どんな子供でも自分の思い通りにいかないことや、考えや希望が通らなかったとき、癇癪を起して泣き叫ぶといった場面に遭遇することがあるのではないでしょうか?そんな子供を落ち着かせる場合に試してほしいのがとにかく強く抱きしめることです。

スポンサーリンク