叱りすぎると効果がなくなる?上手な叱り方のコツ

子供を叱る親

やんちゃなお子様やいたずらっこなお子様、そんな子供に毎日毎日怒鳴っているというママもいらっしゃるでしょうが、最近叱っても子供が言うことを聞かない、いうことを聞いたとしてもへらへらと笑ってあまり反省した態度じゃない。

そんな子供にどのように叱ればいいのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか?今回はそんな叱りすぎていうことを聞かなくなった子供への対処法と上手な叱り方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

いつもと違う叱り方をする

毎日毎日叱っていると叱り方がワンパターンになってしまいませんか?子供にとってもはじめのうちは叱られたことに反省したり、反応したりしていたでしょうが、あまりにも毎日同じ叱られ方をされ続けると母親の叱る声がBGMのように感じてしまい、何も気にしなくなってしまうのです。

そんな叱られることに慣れてしまい、まるで内容が心に響いていない子供に対しての有効な叱り方はいつもと全く違う叱り方をすることです。

いつも大声で叱り飛ばしているママならば、静かに怒りをあらわにして叱る。いつも声を荒げずに叱っているなら、ここぞという時は大声で叱る。その緩急のつけ方が子供に本当にダメなことを教えるために有効な叱り方だといえるのです。

何がダメなのか説明する

叱り慣れているママにありがちなのが「こら!」「またそんなことして!」「なんでそんなことするの!」という叱り方です。

その叱り方の何がダメなのか不思議に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、上記のような叱り方ではなぜそのようなことをしてはいけないのか?なぜ叱られているのかわからないということが問題なのです。

大人からすれば「ダメなことを説明しなくてもわかるでしょう?」と思ってしまうでしょうが、言葉を流暢に喋れるようになっても、自分の意思をはっきり持つようになっても子供は子供です。

なぜそれがダメなのか、なぜ今こんなに怒られているのか、それを理解しない限り、子供は何度でも同じ間違いを繰り返しますし、なぜダメなのかわからないと本当の意味で反省することはありません。すこし面倒に感じてしまうかもしれませんが、子供にもしっかりとわかる叱り方を心掛けるのが大切です。

スポンサーリンク