保育園児が夜に寝ないのはお昼寝のせいじゃない!今すぐできる対処法

寝ない子供

保育園児は長時間お昼寝をするから夜なかなか寝てくれない。そんな話をよく耳にしますが、保育園児が寝ないのは本当にお昼寝のせいなのでしょうか?

保育園に通っている子供や、保育園に行っていなくてもお昼寝をたくさんする子供はいます。いったい夜寝る子供と寝ない子供にはどんな違いがあるのでしょうか?今回はそんな、保育園児が夜に寝ない理由と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

夜寝るのが遅く、お昼寝で熟睡してしまっている

お昼寝をしても夜しっかり寝る子供と、なかなか寝ない子供の違いはお昼寝の時に熟睡しているかしていないか、夜に熟睡しているか、していないかに違いがあります。

夜なかなか寝ない子供は必然的に夜の睡眠時間が少なくなってしまい、お昼寝の時にその足りない睡眠時間を補うようなサイクルになります。その結果、夜の睡眠時間が短い生活サイクルが出来上がってしまい、夜になかなか寝ない子供となってしまうのです。

一方、お昼寝をたっぷりしても夜しっかりと眠る子供はお昼寝の時は浅い睡眠で夜にしっかりと熟睡するサイクルができあがっているので、お昼寝をしても夜しっかり眠ることができるのです。

そんなお昼に浅い眠りしかしない子供によっては保育園のお昼寝の時間は布団に寝ているけど起きて過ごすという子供もいるようです。

それを踏まえて昼に浅い眠りだけで、夜にしっかりと熟睡してもらう生活スタイルにする方法は、お休みの日に生活サイクルを変えてみてはいかがでしょう?

休日はお昼寝をさせない、または極端に短いお昼寝時間にしてしっかりと遊ばせて夜に熟睡させる。その生活スタイルを作ってあげれば自然とお昼寝は軽く寝るだけで夜にしっかりと熟睡するサイクルに なります。長期休みなどを利用して、一度試してみてはいかがでしょうか?

お昼寝からしっかりと遊べていない

お昼寝をして体力を回復した後、しっかりと遊べていないがために体力が有り余っている可能性があります。

午後からは交感神経を落ち着けるために激しい遊びはさせてはいけないという意見もありますが、ゆっくりと過ごしても夜全然寝ないのであれば、保育園から帰ってきたあと、面倒でも少し公園で遊ばせてあげるのはいかがでしょう?

スポンサーリンク