保活あるある!うまくいかない時の気持ちの切り替えと対処法

保育園

そのため一人一人のママに対しての対応が雑になりやすい傾向にあります。そんな忙しくてイライラしている、雑になっている保育園の担当者が冷たいと感じるママさんは少なくありません。

確かに保育園に入所する時期は一年でもっとも忙しい時期ですし、不安から質問をするママがたくさんいるのは間違いないですがそれでも、保育園に関する質問は市の保育園担当者に聞くしかないため我慢するしかないともやもやしているのではないでしょうか?

そんな担当者の対応が冷たいと感じてモヤモヤしているママさんにおすすめしたいのがシーズンを外してはやめに質問をすることです。入園時期になったらたくさんのママさんであふれかえる担当部署もシーズンが外れれば閑散としている場合もめずらしくはありません。

出産直後でそこまで頭が回らないかもしれませんが、余裕の時であれば担当者も親身になって話を聞いてくれるはずですよ。

スポンサーリンク

会社復帰をしたくなくなる

産休をとった当時は、会社に復職するつもりはもちろんあったでしょうが子供の世話をしているうちに「会社に戻らずに子供と過ごそうかな」という気持ちが芽生えてくるのも珍しくはありません。それに加えて面倒くさい保活に嫌気がさして「もういいや」という気持ちになってしまう場合もあります。

そういった場合は、無理して復帰しなくてもいいのではないでしょうか?会社に復帰をしないと不安かもしれませんが、子供の小さい時は今しかありません。その時期を一緒に過ごしてあげるのも大切なことですよ。

保活はがんばれば報われるとは限らない

保活は残念ながらどれだけ努力しても無駄に終わることも少なくはありませんし、認可はまだしも無認可も定員がいっぱいで入れないという事態もめずらしくはありません。

そんな保活に疲れてしまったらあきらめるのも大切ですよ。社会復帰をせずに子供と過ごそうと開き直る選択肢もありますのであまり落ち込まずに頑張ってくださいね。

スポンサーリンク